2020年09月15日号
次回10月1日更新予定

オススメ展覧会

New Photographic Objects 写真と映像の物質性

2020年09月01日号

デジタル技術が加速度的に発展し社会に浸透した現代において、写真や映像という表現形態を選んだアーティストたちは、動画像編集ソフトによる加工や合成、コピーやスキャニング、さまざまな出力方法を用いたインスタレーション、 ソーシャルメディアやフォトシェアリング・プラットフォームを利用した双方向的な手法などを複合的に駆使して、その表現言語を更新し続けています。新しいテクノロジーから伝統的な手法までがひろく選択可能性に開かれた状況から、 写真と映像の可能性を拡張する意欲的な表現が次々に生まれるスリリングな場に、私たちは立ち会っているのです。
この展覧会で紹介する4名と1組のアーティストは、こうした状況をふまえつつ、メディアの物質性を重視した独自のアプローチによってこの領野に新機軸を打ち出しています。…
彼らの作品をラディカルな再考と更新をめざす「新しい写真的なオブジェクト」と措定し、著しい速度で変化する現代の写真表現・映像表現の一断面をとらえることがこの展覧会のねらいです。[美術館サイトより]

埼玉県立近代美術館

地域 関東・甲信越
会場埼玉県立近代美術館
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
会期2020年6月2日(火)~9月6日(日)
*新型コロナウイルスの影響により会期変更
入場料一般=1,100(880)円
高大生=880(710)円
*( )内は20人以上の団体料金
*中学生以下、障害者手帳等をご提示の方 (付き添いの方1名を含む) は無料です
休館日月曜日(8/10は開館)、6/23
開館時間10:00~17:30(入場は閉館の30分前まで)
問い合わせ先tel. 048-824-0111
主催埼玉県立近代美術館 、 New Photographic Objects 展実行委員会
公式サイトhttps://pref.spec.ed.jp/momas/setting/page_20200305063201

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ