2021年04月15日号
次回5月17日更新予定

オススメ展覧会

春の江戸絵画まつり 与謝蕪村 「ぎこちない」を芸術にした画家

2021年04月15日号

深く静かな趣をたたえる自然の中の情景、飄逸で洒脱な俳画、そして、どう見ても気色の悪い、いわば苦みを発散する人物画。そのどれもが、与謝蕪村(1716─83)が到達した晩年の画境です。とりわけ自然の情景を描いた作品が絶賛される蕪村ですが、さまざまな作品を見渡せば、個性と深みと面白みにあふれ、まるで絵画のおもちゃ箱を見るような楽しさがあります。…
そんな蕪村のこだわりに注目しながら、約100点の作品を集めました。
それによって、「晩年の情景絵画だけではない」新しい蕪村のストーリーに目を向けてみたいと思います。
「ヘタウマ」のマンガに慣れ親しんでいる私たちには、蕪村やその時代の京都の人々と同じ感性が、きっと備わっているはずです。[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00056137.json s 10167469

府中市美術館

地域 東京都
会場府中市美術館
東京都府中市浅間町1-3 都立府中の森公園内
会期2021年3月13日(土)~5月9日(日)
入場料一般=700(560)円
高大生=350(280)円
小中生=150(120)円
*( )内は20名以上の団体料金
*未就学児は無料
*障害者手帳等をお持ちの方は無料
*府中市内の小中学生は「府中っ子学びのパスポート」で無料
休館日月曜日(5/3は開館)
開館時間10:00~17:00(入場は閉館の30分前まで)
問い合わせ先tel. 042-336-3371
主催府中市美術館
公式サイトhttps://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/tenrankai/kikakutenkaisai/buson.html

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ