2020年04月01日号
次回4月15日更新予定

ボーン・デジタルの情報学

バックナンバー

第6回:学術情報のアーキテクチャ、ボーン・デジタルの本質

[2010年06月15日号(大向一輝)]

 本連載では、紙を通じた情報流通からボーン・デジタルに移行し、その問題点や課題を含めていち早く体験している学術情報の世界について紹介してきた。最終回となる今回は、いまだ変化し続ける学術情報分野の現状と未来、そこから見えてくるボーン・デジタル...

第5回:CiNiiの挑戦

[2010年04月15日号(大向一輝)]

 研究者間の知識流通を担う学術論文は、デジタル化によってその姿を大きく変え、研究者個人だけでなく学会・図書館・出版社などの組織のあり方にまで影響を及ぼしている。  これらは、学術というある意味閉ざされた世界の出来事にすぎないものの、一般社会...

第4回:オープンアクセス

[2010年02月15日号(大向一輝)]

 日々出版される何千もの論文誌を逐一購入し、図書館に並べることは物理的にも金銭的にも難しい。電子ジャーナルは、冊子を中心とした従来の情報流通モデルから完全に脱却することで、本連載の第2回で取り上げた「巨人の肩の上に立つ」学術知のシステムを支...

第3回:電子ジャーナルの時代

[2010年01月15日号(大向一輝)]

 前回は、学術文献がどのような仕組みによって流通し、それが電子化・ネットワーク化によってどのように変化したかについて述べた。そこでは、タイトルや著者名、所蔵場所といった「何が存在するのか」「どこに存在するのか」に関する情報がデジタル化された...

第2回:巨人の肩の上に立つ

[2009年10月15日号(大向一輝)]

 前回、「学術分野においては、研究者はアーカイブを活用し、また自身の成果をアーカイブに加えることが死活的に重要である」と述べた。  無論、アーカイブとの関連が深いのは学術分野だけではない。どの分野においても過去の貴重な資料・作品を保存するた...

第1回:生まれながらのデジタル情報

[2009年09月01日号(大向一輝)]

 今月より大向一輝氏による新連載がはじまります。テーマは、情報のデジタル化とアーカイビングについて。ボーン・デジタルとはなにか? あらたなデジタル形態はなにをもらたすのか? 2009年8月より1年にわたり、全6回の隔月連載です。[artsc...

▲ページの先頭へ

レビュー/プレビュー

フォーカス

よりよく生きるための選択──孤立から救済する技術

NEWよりよく生きるための選択──孤立から救済する技術

著者:青木彬

日本型アートプロジェクトの盛行やソーシャリー・エンゲイジド・アートの潮流とさまざ...

キュレーターズノート

例外状態で鑑賞がもたらす意味<br>──ニコニコ美術館で観る『ピーター・ドイグ展』と絵字幕版『うたのはじまり』

NEW例外状態で鑑賞がもたらす意味
──ニコニコ美術館で観る『ピーター・ドイグ展』と絵字幕版『うたのはじまり』

著者:田中みゆき

本来であれば今頃は、街中はオリンピック一色で各文化プログラムもそろそろ始まろうと...

「地元」と世界──「インプリントまちだ展2020 すむひと⇔くるひと —『アーティスト』がみた町田—」を企画して

NEW「地元」と世界──「インプリントまちだ展2020 すむひと⇔くるひと —『アーティスト』がみた町田—」を企画して

著者:町村悠香

「地元ゆかり」の作家や地元の風景を描いた作品を収集・展示するなど、地域に寄り添っ...

artscapeレビュー一覧

没後30年 諏訪直樹展

NEW没後30年 諏訪直樹展

2020/02/01~2020/04/05 三重県立美術館

著者:村田真

津市の三重県立美術館へ。新型コロナウイルスのせいか、祝日なのに観客はぼくを除いて...

橋本照嵩『瞽女 アサヒグラフ復刻版』刊行記念展

NEW橋本照嵩『瞽女 アサヒグラフ復刻版』刊行記念展

2020/02/21~2020/04/04 ZEN FOTO GALLERY

著者:飯沢耕太郎

橋本照嵩(1939〜)の「瞽女(ごぜ)」は、1970年代の日本の写真家たちの仕事...

スペースノットブランク『ウエア』

NEWスペースノットブランク『ウエア』

2020/03/13~2020/03/17 新宿眼科画廊 スペース地下

著者:山﨑健太

前作『 ささやかなさ 』で岸田賞作家・松原俊太郎の書き下ろし戯曲を上演したスペー...

トピックス

【PR】コレクション展への挑戦──<br>「森村泰昌のあそぶ美術史 ─ほんきであそぶとせかいはかわる─」展

【PR】コレクション展への挑戦──
「森村泰昌のあそぶ美術史 ─ほんきであそぶとせかいはかわる─」展

著者:森村泰昌坂口千秋

富山県美術館(TAD)は富山県立近代美術館から名称をあらたにし、2017年に全面...

360°ビュー

子どもの頃の記憶がよみがえるような展覧会──<br> 松本力「記しを憶う」—東京都写真美術館コレクションを中心に

子どもの頃の記憶がよみがえるような展覧会──
松本力「記しを憶う」—東京都写真美術館コレクションを中心に

著者:松本力田村麗恵

絵かき、映像・アニメーション作家の松本力の個展「 『記しを憶う』—東京都写真美術...

六者六様の「子ども」像──<br>上野アーティストプロジェクト2019「子どもへのまなざし」

六者六様の「子ども」像──
上野アーティストプロジェクト2019「子どもへのまなざし」

著者:田中宏子

数多くの公募団体による展覧会が日々開催され、「公募展のふるさと」とも呼ばれている...

文字の大きさ