2017年08月01日号
次回9月1日更新予定

トピックス

バックナンバー

Mémoire et Lumière Photographie japonaise, 1950-2000

[2017年08月01日号(栗栖智美)]

 2017年6月28日から8月27日まで、Maison Européenne de la Photographie ville de Paris(以下、MEP)にて開催されている、「Mémoire et Lumière Photograph...

加納光於──清澄な空気の穂先に

[2017年07月15日号(暮沢剛巳)]

 加納光於が版画家として出発した美術家であることはよく知られている。ほかの表現に注力していた時期もあるとはいえ、結局は版画へと戻ってくる。CCGA現代グラフィックアートセンターで開催している展覧会「加納光於─揺らめく色の穂先に」(2017年...

【パリ】ピースクラフツSAGA×REVELATIONS 2017──ファインクラフト運動最前線──後編

[2017年07月01日号(オード・タオン/アンリ・ジョッベ・デュバル/下川一哉)]

 2017年5月4日から8日まで、仏パリの国立ギャラリー「グラン・パレ」で開かれた国際工芸フェア「REVELATIONS(レベラション)」には、約380組の出展者が16カ国から参加した。いま、工芸の最前線で何が起きようとしているのか、レベラ...

多様な「日本写真」の水脈を一望する──ヨーロッパ写真館「記憶と光 日本の写真1950-2000 大日本印刷寄贈コレクションより」

[2017年07月01日号(飯沢耕太郎)]

 大日本印刷は、1992年の「パリ写真月間」で開催された「両大戦間の日本写真」、「日本の広告写真」という2つの展覧会を支援したのをきっかけとして、当時開設のための準備を進めていたヨーロッパ写真館(Maison Européen...

【パリ】ピースクラフツSAGA×REVELATIONS 2017──ファインクラフト運動最前線──前編

[2017年06月15日号(下川一哉)]

 2017年5月4日から8日まで、仏パリの国立ギャラリー「グラン・パレ」で開かれた国際工芸フェア「REVELATIONS(レベラション)」には、約380組の出展者が16カ国から参加した。期間中の来場者は、約4万人。バイヤーやメディア関係者の...

[PR]サントリー美術館に聞く! 学芸員インタビュー「神の宝の玉手箱」

[2017年06月01日号(佐々木康之/内田伸一)]

 「たまてばこ」と聞いて私たちがまず思い浮かべるのは、浦島太郎が竜宮城から持ち帰った、あの箱だろう。「開けてはならぬ」贈物のイメージはどこかミステリアスで、かつ内に秘められた大切な何かを暗示するようでもある。  「神の宝の玉手箱」展(サント...

[PR]変化する県展──清流の国ぎふ芸術祭Art Award IN THE CUBE 2017

[2017年05月15日号(野村幸弘)]

「清流の国ぎふ芸術祭Art Award IN THE CUBE 2017」は、岐阜県美術展が一昨年、第69回をもって終了し、それに代わって今年、第1回目が開催されたまったく新しい形式の公募展である。本展は3年に1度開催のトリエンナーレ方式で...

[PR]美術鑑賞は人を幸せにできるのか?:フィンランド国立アテネウム美術館×DNP ミュージアムラボ シンポジウム レポート 後編

[2017年04月15日号(白坂ゆり)]

「幸せになる美術鑑賞」をテーマに、フィンランド国立アテネウム美術館とともに、未来に向けて新プロジェクトを始める「DNP ミュージアムラボ」。そのキックオフとして、昨年11月2日、DNP五反田ビルで、シンポジウム「ミュージアムの幸せ効果—美術...

[PR]美術鑑賞は人を幸せにできるのか?:フィンランド国立アテネウム美術館×DNP ミュージアムラボ シンポジウム レポート 前編

[2017年04月01日号(白坂ゆり)]

 世界の目まぐるしい変化に戸惑い、立ちゆかないときに、美しいものを見て救われた経験はないだろうか。  多様な芸術文化に親しむ方法を、国内外のミュージアムとのコラボレーションを通じて開発してきたDNP大日本印刷の文化活動「DNP ミュージアム...

アートから生まれる社会:九州大学ソーシャルアートラボ「FUKUOKA×YAME REMIX」を探る

[2017年02月01日号(中村美亜/長津結一郎/artscape編集部)]

 「“面白い”を形にし、“豊かさ”を見える化する」をモットーに、九州大学大学院芸術工学研究院に学際的教育研究機関として設置された ソーシャルアートラボ(SAL) 。2016年度には、大学のある福岡市と福岡県の南西部に位置する八女市をつなぐ「...

▲ページの先頭へ



レビュー/プレビュー

フォーカス

【香港】草の根活動のその先に──香港アートのエコシステム

NEW【香港】草の根活動のその先に──香港アートのエコシステム

著者:長谷川仁美

 もしもアートのエコシステムが、①美術館、②市場(画廊、アートフェア、オークショ...

「未知の宝庫」をたずねて

NEW「未知の宝庫」をたずねて

著者:村田真

 編集部から、4月に書いた太田市美術館・図書館のレビュー★1を元に話を展開せよ、...



キュレーターズノート

「ラブラブショー2」を振り返って

NEW「ラブラブショー2」を振り返って

著者:工藤健志

 ここ数年、「美少女の美術史」展や「成田亨 美術/特撮/怪獣」展など共同企画の仕...

山本理恵子「空白の頁」、吉岡千尋「sub rosa」

NEW山本理恵子「空白の頁」、吉岡千尋「sub rosa」

著者:中井康之

 荒々しい筆触による、男女のエロティックな行為を思い起こさせる山本理恵子の新作《...

artscapeレビュー一覧

今西佳菜展

NEW今西佳菜展

2017/06/27~2017/07/02 LADS GALLERY

著者:小吹隆文

身の回りの日用品をモチーフにした木彫作品をつくる今西佳菜。作品の特徴は、普通なら...

没後90年 萬鐵五郎展

NEW没後90年 萬鐵五郎展

2017/07/01~2017/09/03 神奈川県立近代美術館 葉山

著者:村田真

萬鉄五郎の没後90年記念展。1997年には没後70年の回顧展が東京国立近代美術館...

荒木経惟 写狂老人A

NEW荒木経惟 写狂老人A

2017/07/08~2017/09/03 東京オペラシティアートギャラリー

著者:飯沢耕太郎

荒木経惟は過去形の写真家ではなく、現在進行形の写真家である。そのことを充分にわか...

《三角港キャノピー》

NEW《三角港キャノピー》

著者:五十嵐太郎

三角港へ。葉祥栄による《海のピラミッド》を訪れるのは、25年ぶりか。フェリー航路...

藤安淳「empathize」

NEW藤安淳「empathize」

2017/07/04~2017/07/15 The Third Gallery Aya

著者:高嶋慈

藤安淳は、双子である自身と弟の身体パーツを同じフォーマットで互いに撮り合った処女...

もにゅキャラ考

NEWもにゅキャラ考

2017/07/17 首都大学東京秋葉原サテライトキャンパス

著者:福住廉

「もにゅキャラ」とは、モニュメントと化したアニメやマンガのキャラクターのこと。「...

日本の家 1945年以降の建築と暮らし

NEW日本の家 1945年以降の建築と暮らし

2017/07/19~2017/10/29 東京国立近代美術館

著者:SYNK

このところ、日本の住宅建築に関する展覧会が連続している。2014年7月から埼玉県...

シルヴィアーヌ・パジェス『欲望と誤解の舞踏 フランスが熱狂した日本のアヴァンギャルド』

NEWシルヴィアーヌ・パジェス『欲望と誤解の舞踏 フランスが熱狂した日本のアヴァンギャルド』

著者:木村覚

本書は、フランスが日本のアヴァンギャルドである舞踏をどう受容したのかを解き明かす...

カタログ&ブックス|2017年8月

NEWカタログ&ブックス|2017年8月

著者:artscape編集部

展覧会カタログ、アートにまつわる近刊書籍をアートスケープ編集部が紹介します。 M...

トピックス

Mémoire et Lumière Photographie japonaise, 1950-2000

NEWMémoire et Lumière Photographie japonaise, 1950-2000

著者:栗栖智美

 2017年6月28日から8月27日まで、Maison Européenne d...

文字の大きさ