毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回4月3日更新予定)

著者情報

五十嵐太郎(いがらし・たろう)

最終更新日:2009年01月15日

twitterでつぶやく

 1967年生まれ。東北大学教授。建築史、建築批評。著書=『終わりの建築/始まりの建築』『新宗教と巨大建築』『戦争と建築』『過防備都市』『現代建築のパースペクティブ』『建築と音楽』『建築と植物』など。http://www.cybermetric.org/50/50_twisted_column.html

この著者が書いた記事

「戦後日本住宅伝説──挑発する家・内省する家」トーク・セッション 五十嵐太郎+建畠晢

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2014年09月15日]

[シリーズ4:“建築”の現在形]“1995”以降の都市・建築を俯瞰する

コンテンツカテゴリ:トークシリーズ:「Artwords」で読み解く現在形
[2013年10月15日]

建築アーカイブ整備に向けての第一歩──国立近現代建築資料館開館に寄せて

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2013年05月15日]

「直後」のリアリティを世界へ──国際交流基金巡回展「3.11──東日本大震災の直後、建築家はどう対応したか」企画監修者:五十嵐太郎氏に聞く

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2012年03月15日]

ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展2010──多彩さとミニマル志向の交差する“People meet in architecture”

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2010年09月15日]

アジアと建築ビエンナーレを考える

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2010年01月15日]

▲ページの先頭へ

著者一覧

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年03月15日号