毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回3月1日更新予定)

デジタルアーカイブスタディ

バックナンバー

創造経済とデジタルアーカイブ
──文化が経済成長の源泉となる時代

[2017年01月15日号(河島伸子)]

 文化経済学者が展望する文化と文化資源の風景、またデジタルアーカイブとはどのような世界なのだろう。文化と経済の関係、文化政策を研究し、「文化は経済発展の源泉」と語る『コンテンツ産業論』の著者でもある同志社大学経済学部教授の河島伸子氏に、文化...

デジタルで未来へつなぐ歴史。シンポジウム「高精細デジタルアーカイブと文化遺産の未来」

[2016年07月01日号(影山幸一)]

 2016年6月2日(木)に京都で行なわれた「 シンポジウム 高精細デジタルアーカイブと文化遺産の未来 」(主催:DNP大日本印刷、DNP京都太秦文化遺産ギャラリー)は、デジタルアーカイブのダイナミズムが独自性を発揮し、自立したような印象を...

日本の美術館にアーカイブズは可能か? シンポジウム「日本の戦後美術資料の収集・公開・活用を考える」

[2016年04月15日号(谷口英理)]

 2016年3月20日、国立新美術館で、シンポジウム「日本の戦後美術資料の収集・公開・活用を考える〜大阪新美術館建設準備室所蔵『具体美術協会』関係資料を中心に〜」が開催された(大阪新美術館建設準備室・国立新美術館・文化庁主催)。本シンポジウ...

(独)国立美術館理事長 馬渕明子氏に聞く:
「法人・国立美術館の野望」──全国の美術館をリードする

[2015年10月15日号(影山幸一)]

 日本国内にある5つの国立美術館★1の運営・管理を効果的、効率的に行なうために設立された美術振興の中心的拠点組織をご存知だろうか。2001年に発足した 独立行政法人国立美術館 ★2である。その国立5館をまとめる理事長として2013年8月に就...

美術書誌のいま──革新的な美術文献探索システム「アート・ディスカバリー・グループ目録」

[2014年11月01日号(川口雅子)]

 2014年10月、デンマークの首都コペンハーゲンで美術図書館の国際会議が開かれた。メイン・テーマは5月に公開されたばかりの美術文献探索システム、「 アート・ディスカバリー・グループ目録 」(以下、「アート・ディスカバリー」)。ヨーロッパ、...

創造都市さっぽろ──“札幌国際芸術祭2014”の挑戦

[2014年07月15日号(武邑光裕)]

 7月19日から9月28日まで「 札幌国際芸術祭(SIAF)2014 」が開催される。2014年を起点として、トリエンナーレ形式で開催されるアート・フェスティバルである。SIAFでは、その計画段階から開催に至るまでの膨大な事務局データをアー...

三菱UFJリサーチ&コンサルティング 太下義之氏に聞く:2014年はデジタルアーカイブ元年──誕生20年目の拠点と法律

[2014年02月15日号(影山幸一)]

 デジタルアーカイブという言葉が誕生したのは、1990年代半ばであった。当初その概念は「有形・無形の文化資産をデジタル情報の形で記録、その情報をデータベース化して保管、随時閲覧・鑑賞、情報ネットワークを利用して情報発信」として、広く日本で羽...

国立情報学研究所 生貝直人氏に聞く:
オープンデータ政策と文化芸術デジタルアーカイブ──EU「公共セクター情報の再利用指令」改正を受けて

[2013年08月15日号(影山幸一)]

 欧州連合(EU:European Union)は、2013年6月、2003年に制定した「公共セクター情報の再利用指令」の大幅な改正を採択した。日本では目立った報道はなかったが、文化情報を保存・活用・研究している関係者にとっては、“EUの決...

アート・アーカイヴとは何か──連続シンポジウムを総括する

[2013年04月15日号(渡部葉子)]

 2013年3月23日、慶應義塾大学にてアート・アーカイヴに関する連続シンポジウムの最終回が開催された。このシンポジウムは芸術に関するアーカイヴの問題を取り扱う連続的な企画として進められ、2010年度より3カ年にわたって開催されたものである...

「Google Art Project」世界とつながっているアート
──グーグル 村井説人

[2012年05月15日号(影山幸一)]

▲ページの先頭へ



レビュー/プレビュー

フォーカス

音の展開2017

NEW音の展開2017

著者:金子智太郎

 美学・聴覚文化研究の金子智太郎氏による、音とアートをめぐるレポート。artcs...



学芸員レポート

休館中の事業/「菊畑茂久馬 『春の唄』」作品集刊行/「写真家 片山攝三 肖像写真の軌跡」展覧会評/終わりに

NEW休館中の事業/「菊畑茂久馬 『春の唄』」作品集刊行/「写真家 片山攝三 肖像写真の軌跡」展覧会評/終わりに

著者:山口洋三

 昨年末の怒濤の美術館引っ越しが終わって早1カ月。旧中学校校舎に間借りした仮事務...

artscapeレビュー一覧

《伊東豊雄的劇場夢》觀念建築展─探索建築大師的哲學思維

NEW《伊東豊雄的劇場夢》觀念建築展─探索建築大師的哲學思維

2016/08/26~2017/01/31 台中国家歌劇院

著者:五十嵐太郎

1年9カ月ぶりの台中国家歌劇院へ。内装がないときは、ひょうたんの空間形式がわかり...

荒川朋子 個展「つぼ」

NEW荒川朋子 個展「つぼ」

2017/01/07~2017/01/15 KUNST ARZT

著者:高嶋慈

荒川朋子は、民俗信仰のご神体や秘教めいた呪具、性器を象った儀礼的オブジェを思わせ...

日本におけるキュビスム─ピカソ・インパクト

NEW日本におけるキュビスム─ピカソ・インパクト

2016/11/23~2017/01/29 埼玉県立近代美術館

著者:村田真

昨年末から風邪気味のまま年が明けて、ズルズルと2週間ほどたってしまった。こんなに...

村山康則/Rieko Honma「raison d’être─存在理由」

NEW村山康則/Rieko Honma「raison d’être─存在理由」

2017/01/21~2017/01/29 BankART Studio NYK/1F Mini Gallery

著者:飯沢耕太郎

村山康則とRieko Honmaは、2015年にパシフィコ横浜で開催された「御苗...

カタログ&ブックス|2017年2月

NEWカタログ&ブックス|2017年2月

著者:

展覧会カタログ、アートにまつわる近刊書籍をアートスケープ編集部が紹介します。 菊...

トピックス

アートから生まれる社会:<br>九州大学ソーシャルアートラボ「FUKUOKA×YAME REMIX」を探る

アートから生まれる社会:
九州大学ソーシャルアートラボ「FUKUOKA×YAME REMIX」を探る

著者:中村美亜長津結一郎artscape編集部

 「“面白い”を形にし、“豊かさ”を見える化する」をモットーに、九州大学大学院芸...

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年02月15日号