毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回2月1日更新予定)

デジタルアーカイブスタディ

バックナンバー

創造経済とデジタルアーカイブ
──文化が経済成長の源泉となる時代

[2017年01月15日号(河島伸子)]

 文化経済学者が展望する文化と文化資源の風景、またデジタルアーカイブとはどのような世界なのだろう。文化と経済の関係、文化政策を研究し、「文化は経済発展の源泉」と語る『コンテンツ産業論』の著者でもある同志社大学経済学部教授の河島伸子氏に、文化...

デジタルで未来へつなぐ歴史。シンポジウム「高精細デジタルアーカイブと文化遺産の未来」

[2016年07月01日号(影山幸一)]

 2016年6月2日(木)に京都で行なわれた「 シンポジウム 高精細デジタルアーカイブと文化遺産の未来 」(主催:DNP大日本印刷、DNP京都太秦文化遺産ギャラリー)は、デジタルアーカイブのダイナミズムが独自性を発揮し、自立したような印象を...

日本の美術館にアーカイブズは可能か? シンポジウム「日本の戦後美術資料の収集・公開・活用を考える」

[2016年04月15日号(谷口英理)]

 2016年3月20日、国立新美術館で、シンポジウム「日本の戦後美術資料の収集・公開・活用を考える〜大阪新美術館建設準備室所蔵『具体美術協会』関係資料を中心に〜」が開催された(大阪新美術館建設準備室・国立新美術館・文化庁主催)。本シンポジウ...

(独)国立美術館理事長 馬渕明子氏に聞く:
「法人・国立美術館の野望」──全国の美術館をリードする

[2015年10月15日号(影山幸一)]

 日本国内にある5つの国立美術館★1の運営・管理を効果的、効率的に行なうために設立された美術振興の中心的拠点組織をご存知だろうか。2001年に発足した 独立行政法人国立美術館 ★2である。その国立5館をまとめる理事長として2013年8月に就...

美術書誌のいま──革新的な美術文献探索システム「アート・ディスカバリー・グループ目録」

[2014年11月01日号(川口雅子)]

 2014年10月、デンマークの首都コペンハーゲンで美術図書館の国際会議が開かれた。メイン・テーマは5月に公開されたばかりの美術文献探索システム、「 アート・ディスカバリー・グループ目録 」(以下、「アート・ディスカバリー」)。ヨーロッパ、...

創造都市さっぽろ──“札幌国際芸術祭2014”の挑戦

[2014年07月15日号(武邑光裕)]

 7月19日から9月28日まで「 札幌国際芸術祭(SIAF)2014 」が開催される。2014年を起点として、トリエンナーレ形式で開催されるアート・フェスティバルである。SIAFでは、その計画段階から開催に至るまでの膨大な事務局データをアー...

三菱UFJリサーチ&コンサルティング 太下義之氏に聞く:2014年はデジタルアーカイブ元年──誕生20年目の拠点と法律

[2014年02月15日号(影山幸一)]

 デジタルアーカイブという言葉が誕生したのは、1990年代半ばであった。当初その概念は「有形・無形の文化資産をデジタル情報の形で記録、その情報をデータベース化して保管、随時閲覧・鑑賞、情報ネットワークを利用して情報発信」として、広く日本で羽...

国立情報学研究所 生貝直人氏に聞く:
オープンデータ政策と文化芸術デジタルアーカイブ──EU「公共セクター情報の再利用指令」改正を受けて

[2013年08月15日号(影山幸一)]

 欧州連合(EU:European Union)は、2013年6月、2003年に制定した「公共セクター情報の再利用指令」の大幅な改正を採択した。日本では目立った報道はなかったが、文化情報を保存・活用・研究している関係者にとっては、“EUの決...

アート・アーカイヴとは何か──連続シンポジウムを総括する

[2013年04月15日号(渡部葉子)]

 2013年3月23日、慶應義塾大学にてアート・アーカイヴに関する連続シンポジウムの最終回が開催された。このシンポジウムは芸術に関するアーカイヴの問題を取り扱う連続的な企画として進められ、2010年度より3カ年にわたって開催されたものである...

「Google Art Project」世界とつながっているアート
──グーグル 村井説人

[2012年05月15日号(影山幸一)]

▲ページの先頭へ



レビュー/プレビュー

フォーカス

12人の移動するアーティスト

NEW12人の移動するアーティスト

著者:

2016年は新しい芸術祭がいくつもスタートし、芸術祭が乱立した年だと記憶されるで...

わたしたちのビエンナーレ<br>──コチ=ムジリス・ビエンナーレが示すアートのかたち

NEWわたしたちのビエンナーレ
──コチ=ムジリス・ビエンナーレが示すアートのかたち

著者:黒岩朋子

 アラビア海に面した南インドのケーララ州。その主要都市であるコーチンは、首都から...



学芸員レポート

生誕80周年 澤田教一:故郷と戦場

NEW生誕80周年 澤田教一:故郷と戦場

著者:工藤健志

 展覧会において入場者数や収入など目に見える結果ばかりが求められる現在、綿密な調...

「大地に立って 空を見上げて 風景のなかの現代作家」、「フードスケープ 私たちは食べものでできている」

NEW「大地に立って 空を見上げて 風景のなかの現代作家」、「フードスケープ 私たちは食べものでできている」

著者:住友文彦

 この日は別の場所に立ち寄ったため、いつも群馬県立館林美術館に行くときに通る国道...

人権週間ギャラリー展「いのちのあかし」絵画展/「被災作品公開コンディションチェック展」

NEW人権週間ギャラリー展「いのちのあかし」絵画展/「被災作品公開コンディションチェック展」

著者:坂本顕子

 懐かしい豚の絵と久しぶりに「再会」した。京都駅にほど近い、東本願寺しんらん交流...

artscapeレビュー一覧

柳根澤 召喚される絵画の全量

NEW柳根澤 召喚される絵画の全量

2016/09/24~2016/12/04 多摩美術大学美術館

著者:村田真

朝日新聞で山下裕二氏が絶賛していたので、どんなもんかと思いつつ見に行った。最初は...

平井有太『ビオクラシー』~BIOCRACY~展

NEW平井有太『ビオクラシー』~BIOCRACY~展

2016/11/22~2016/12/24 Garter

著者:福住廉

3.11以後の現代美術に何かしらの可能性があるとしたら、それは類まれな想像力を鑑...

正岡絵理子「羽撃く間にも渇く水」

NEW正岡絵理子「羽撃く間にも渇く水」

2016/12/07~2016/12/18 TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY 72 Gallery

著者:飯沢耕太郎

毎年夏に東川町国際写真フェスティバルの行事の一環として開催されている「赤レンガ公...

南極建築 1957-2016

NEW南極建築 1957-2016

2016/12/09~2017/02/21 LIXILギャラリー大阪

著者:SYNK

極寒の過酷な自然環境─ブリザードや雪の吹き溜まり─に耐えうる建築とは何か。本展は...

谷原菜摘子展──私は暗黒を抱いている

NEW谷原菜摘子展──私は暗黒を抱いている

2016/12/13~2016/12/25 ギャラリー16

著者:小吹隆文

黒や赤のベルベットに、油彩、ラメ、スパンコール、ラインストーンなどを駆使して、毒...

前谷開「Drama researchと自撮りの技術」

NEW前谷開「Drama researchと自撮りの技術」

2016/12/14~2016/12/20 Division

著者:高嶋慈

写真家・前谷開の本個展は、先立って上演された舞台作品に前谷自身が写真家として出演...

妹島和世《すみだ北斎美術館》

NEW妹島和世《すみだ北斎美術館》

著者:五十嵐太郎

竣工:2016年 妹島和世による《すみだ北斎美術館》へ。子どもが遊ぶ公園の横とい...

村松卓矢『バカ』

NEW村松卓矢『バカ』

2016/12/15~2016/12/23 大駱駝艦・壺中天

著者:木村覚

まさかのトランプ大統領選勝利はいうまでもなく、世の中「バカ」がまかり通っている。...

カタログ&ブックス|2017年1月

NEWカタログ&ブックス|2017年1月

著者:artscape編集部

展覧会カタログ、アートにまつわる近刊書籍をアートスケープ編集部が紹介します。 フ...

トピックス

サントリー美術館に聞く! 学芸員インタビュー「なぜいま、小田野直武か?」

サントリー美術館に聞く! 学芸員インタビュー「なぜいま、小田野直武か?」

著者:内田洸内田伸一

 小田野直武──この名を知らない人も、かの『解体新書』の扉絵や解剖図は、どこかで...

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年01月15日号