2021年08月01日号
次回9月1日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

KYOTOGRAPHIE2021 クラウドファンディングで支援募集中

最終更新日:2021年07月09日

KYOTOGRAPHIE2021 は現在、9月からの開催にむけて準備をすすめています。そして今年も昨年同様にクラウドファンディングを実施し、皆様にご支援をお願いすることになりました。

昨年初めて挑戦したクラウドファンディングでは、支援金だけでなく、応援してくださる皆様の「声」が可視化されたことが、私達にとって何よりの財産となりました。改めまして、ご支援をいただいた多くの皆様に深く感謝申し上げます。 正直に申し上げて、昨年同様コロナ禍の影響により、フェスティバル全体の運営資金は大幅に不足している状態です。目標金額は1000万円。今回は、目標に届かなければいただいたご支援は全て返金になってしまう「All or Nothing」というルールでの実施です。

クラウドファンディングは、KYOTOGRAPHIEを支えてくださる皆さまと更に深くつながる機会の創出だと考えています。 様々な方と一緒にアートに触れる場を育んでいく、相互作用のある「プラットフォーム」としてのフェスティバルを目指し、メンバー一丸となって取り組んでまいります。どうかご支援をよろしくお願いいたします!

ウェブサイトより)

第一目標金額:1000万円
支援募集期間:2021年7月1日(木)18:00〜8月18日(水)23:00
クラウドファンディング詳細・支援方法:https://readyfor.jp/projects/kyotographie2021
公式サイト:https://www.kyotographie.jp

KYOTOGRAPHIE 2021開催概要

会期

2021年9月18日(土)〜10月17日(日)

東日本大震災、コロナウイルス、野菜の種、性被害、ジェンダー、水の循環など、様々なテーマとエコー(呼応)する、国内外の気鋭のアーティストによる14のエキシビジョンを京都市各所で開催!

見どころ

《アーウィン・ オラフ展》| 会場:京都文化博物館 別館
気候変動により住む場所を追われた人たちのポートレート作品や、コロナ禍の自主隔離を捉えたセルフドキュメンタリー作品を展示予定。

《榮榮&映里「即非京都」展》| 会場:(後日公開)
千年の都「京都」の文化的景観の根底に、水の循環が深く影響していることに着想を受け生まれた新作を展示予定。

《インフェイ・リャン展(KG+ Select 2020 Award 受賞)》| 会場:Sfera
性暴力のサバイバー(被害から生き抜いた人)をテーマにしたシリーズを展示予定。

《ンガディ・スマート「Manifold」展》| 会場:出町桝形商店街、DELTA/KYOTOGRAPHIE Permament Space
アイデンティティ、人種差別、フェミニズム、ジェンダー などに焦点を当て社会的弱者の声を表現することで、「普通」「美しさ」「正しさ」の定義に疑問を投げかけるイラストレーション、出町桝形商店街とコラボレーションし、商店街の様々な催しが撮られた古写真と現代の商店街の写真をエコー(呼応)させたコラージュ作品を新たに制作し発表予定。

《八木夕菜展》| 会場:両足院 (建仁寺山内)
在来種・固定種の種を守る「種取り農家」の岩崎政利氏の活動に着目した、野菜の生命力と、種を守るという営み、雲仙の自然の豊饒さを捉えた作品を展示予定。

など
(*随時新着情報にて更新予定)

関連記事

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2020|飯沢耕太郎:artscapeレビュー(2020年11月01日号)
2020 Vision at KYOTOGRAPHIE, Kyoto's International Photography Festival|Colin Smith:artscape Japan Focus: (2020年10月01日号)
KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2019|飯沢耕太郎:artscapeレビュー(2019年04月15日号)
KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2018|飯沢耕太郎:artscapeレビュー(2018年05月15日号)
KYOTOGRAPHIE 2018 小野規「COASTAL MOTIFS」|高嶋慈:artscapeレビュー(2018年05月15日号)
KYOTOGRAPHIE 2018 森田具海「Sanrizuka ─Then and Now─」|高嶋慈:artscapeレビュー(2018年05月15日号)
拡張するKYOTOGRAPHIE──京都から発信する写真の力|吉川直哉(写真家、写真教育者):artscapeフォーカス(2018年05月15日号)
KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017|飯沢耕太郎:artscapeレビュー(2017年05月15日号)
「京都国際写真祭」|飯沢耕太郎:artscapeレビュー(2016年05月15日号)
第2回 KYOTOGRAPHIE 国際写真フェスティバル|小吹隆文:artscapeレビュー(2014年05月01日号)



アートフラッシュニュース

文字の大きさ