2021年12月01日号
次回12月15日更新予定

オススメ展覧会

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

細江英公の写真:暗箱のなかの劇場

2021年12月01日号

当館・館長である写真家の細江英公(88)は、戦後日本の写真を切り拓く中心的な存在として、長年にわたり活躍し、世界的にも高い評価を受けている写真家です。戦後、記録を重視するリアリズム写真が時代を席巻するなかで、写真家は被写体との関係性によって表現をつくり出していくもの、との認識に立ち、エロスと肉体のテーマに挑んだ『おとこと女』(1961年)、三島由紀夫を被写体とした『薔薇刑』(1963年)、舞踏家・土方巽と幻想世界を創出した『鎌鼬』(1969年)など、物語性の高い作品を次々と発表しました。本展では、これらの代表作を発表時のヴィンテージ・プリントにてご覧いただきます。また、初のデジタル撮影による立体作品〈人間ロダン〉(2008年)、1960年制作の映像作品《へそと原爆》、知られざる写真絵本など約160点を展示します。
「暗箱(あんばこ)」とは大きな箱型のカメラのことをいいます。一人の表現者が暗箱を通して繰り広げてきた半世紀にわたる芳醇な写真世界を振り返ります。[公式サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00057248.json s 10172411

清里フォトアートミュージアム

地域 関東・甲信越
会場清里フォトアートミュージアム
山梨県北杜市高根町清里3545-1222
会期2021年7月17日(土)~12月5日(日)
入場料一般=400円(開館25周年記念割引)
大学生=200円(開館25周年記念割引)
*高校生以下無料
*家族割引=1200円(4名以上6名様まで)
*11/23は入館料無料
休館日火曜日(11/23は開館)
開館時間10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
問い合わせ先TEL:0551-48-5599
公式サイトhttps://www.kmopa.com/category/current/

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ