2018年11月15日号
次回12月3日更新予定

フォーカス

バックナンバー

“HYBRIDATION” by Alexis Tricoire 展

[2014年10月01日号(栗栖智美)]

 夏のヴァカンスも終わり、新学期を迎えたパリではPARIS DESIGN WEEKと称して、パリ中の商業スペースやギャラリーなどで、優れたデザインの商品やインスタレーションを展示・販売している。  今回は、PARIS DESIGN WEEK...

短編アニメーションの現在――30周年を迎えた広島国際アニメーションフェスティバル

[2014年09月15日号(権藤俊司)]

 広島国際アニメーションフェスティバル(以下、広島)は1985年にスタートし、隔年ペースで開催されてきたアニメーション専門の映画祭だ。世界四大アニメーション映画祭の一つに数えられ、そのグランプリ受賞作は自動的に米アカデミー賞へのエントリー資...

「戦後日本住宅伝説──挑発する家・内省する家」トーク・セッション 五十嵐太郎+建畠晢

[2014年09月15日号(五十嵐太郎/建畠晢)]

2014年7月5日〜8月31日、埼玉県立近代美術館で開催の「戦後日本住宅伝説──挑­­発する家・内省する家」展をめぐる、五十嵐太郎・建畠晢のトークセッション。 討議される建築家とその作品=丹下健三《住居》、増沢洵《コアのあるH氏の住まい》、...

その建物に物申す!──レファレンダムとイニシアチヴの行使による都市建築計画への直接参加

[2014年09月01日号(木村浩之)]

 新国立競技場のコンペをきっかけに、日本の都市・建築行政に関しての議論が盛んに行なわれている。その文脈で、スイス・バーゼルで、ザハ・ハディド設計(コンペ1等)のコンサートホール改築案が住民投票により計画中止に追い込まれた例が注目を浴びている...

「忘却の海」に浮遊するこだわりの諸断片──「ヨコハマトリエンナーレ2014」レビュー

[2014年08月15日号(暮沢剛巳)]

 ここ数年で、日本でも随分と国際展が増えた。それぞれの国際展が、他との差別化を図るべく創意工夫を凝らしているが、その多くは市街地や公共空間にも作品を設置し、地域性を前面に押し出す傾向にある。地域振興や都市の再整備といった開催の目的を考えれば...

アートと空間の自由で多様な関係

[2014年08月01日号(多田麻美)]

 アートが常識を踏み越えるとき、その常識が目に見える「空間」であれば、その印象は鮮烈なものとなりやすい。「踏み越えること」そのものによって、その空間が祝祭的な意味合いを帯びることもある。  例えば、同一の空間で、来場者がそれぞれ好きな絵を描...

思考の結晶としての住宅(「戦後日本住宅伝説—挑発する家・内省する家」展レビュー)

[2014年07月15日号(南泰裕)]

“Under the Same Sun: Art from Latin America Today” vs“James Lee Byars: 1/2 an Autobiography”

[2014年07月01日号(梁瀬薫)]

 まったく異なるアプローチでグローバル社会に訴えるパーフェクトな2つの展覧会。  ラテンアメリカのトロピカルな現代アート展に見る現実社会とジェイムス・リー・バイヤーズのモノクロームなインスタレーションから体感する神秘。

現在へのノスタルジア(「MOTコレクション特別企画 クロニクル1995-」レビュー)

[2014年06月15日号(足立元)]

 懐かしさと新鮮さは矛盾しないのだろうか。毎年夏の東京都現代美術館(都現美)は、親子連れで賑わう大型展覧会の隣で、中規模のハードコアな企画展をひそやかに開催している。今年は、奥にある常設展示室のすべてを使い、「クロニクル1995-」と題し、...

失われた作品を求めて──ナチスによる略奪とグルリット・コレクション

[2014年06月01日号(木村浩之)]

 第二次世界大戦後半のヨーロッパ。そこには、ナチスによる略奪や破壊から文化財を守る使命を負った兵士たち──美術・建築分野の専門家たちを含むメンバーで結成された──がいた。戦後も、彼らは隠された文化財を探し出す役目を担った。「モニュメンツ・メ...

オススメ展覧会

レビュー/プレビュー

フォーカス

キュレーターズノート

artscapeレビュー

トピックス

360°ビュー

文字の大きさ