2019年12月01日号
次回12月16日更新予定

オススメ展覧会

生誕120年 芸術写真の神様 塩谷定好とその時代

2019年12月01日号

塩谷定好(しおたに・ていこう 1899年~1988年)は、大正末から昭和初期にかけて隆盛した「芸術写真」の第一人者です。...1982年にドイツのケルンで開催された世界最大の写真関連見本市「フォトキナ写真展」での最高賞である栄誉賞の授賞にはじまり、近年では、美術館での個展も相次いで開催されるなど、再評価の動きが高まっています。
鳥取県立博物館では、このたび塩谷定好の生誕120年を記念して、1920年代の初期作品から、あまり知られてこなかった戦後1970年代までの作品を一堂に紹介する回顧展を開催します。また、日本写真史における芸術写真のムーヴメントを牽引してきた代表的な作家や、塩谷と交流のあった日本光画協会の会員、カメラ雑誌『芸術写真研究』や地元のカメラクラブで同時代に活動していた写真家たちの作品もあわせて展観し、人々を魅了した芸術写真の時代とその精神について検証する機会とします。[公式サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00050990.json s 10158403

鳥取県立博物館

地域 中国
会場鳥取県立博物館
鳥取県鳥取市東町2-124
会期2019年11月16日(土)~12月15日(日)
入場料一般=800円
20名以上の団体・大学生・70歳以上=600円
*高校生以下の方、学校教育活動での引率者、障がいのある方、難病患者の方、要介護者等及びその介護者は無料
休館日12/2
開館時間9:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
問い合わせ先tel. 0857-26-8042
主催「塩谷定好展」実行委員会(鳥取県立博物館、日本海テレビジョン放送株式会社)
公式サイトhttps://www.pref.tottori.lg.jp/teikohshiotani/

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ