2021年08月01日号
次回9月1日更新予定

〈歴史〉の未来

バックナンバー

第6回(最終回):リアルタイム・ウェブは「歴史」を殺すのか?

[2010年05月15日号(濱野智史)]

 昨年始まった本連載も、今回でいよいよ最終回となる。これまで本連載では、ニコニコ動画やTwitterといったウェブサービスを例に挙げながら、「歴史」を支える情報基盤がはたして今後どのように変容していくのかについて、拙いながらも思考実験的な論...

第5回:図書館から図書環へ──分類の「第三段階」におけるアーカイヴの役割とはなにか?

[2010年03月15日号(濱野智史)]

 連載5回目となる今回は、前回予告したとおり、昨年12月に行なわれた国立国会図書館館長・長尾真氏とのトークイベント「d-laboセミナー:これからの知──情報環境は人と知の関わりを変えるか」の内容をもとに、図書館というアーカイヴの未来につい...

第4回:ミシェル・フーコー『知の考古学』を読む──アルシーヴの環境的転回?

[2010年01月15日号(濱野智史)]

 昨年末、筆者は2つのイベントに参加する機会をもった。池田剛介・黒瀬陽平・千葉雅也の三氏とのシンポジウム「歴史=物語(イストワール)の現在──情報・芸術・キャラクター」と、国立国会図書館館長の長尾真氏とのトークイベント「d-laboセミナー...

第3回:歴史資料館の未来を想像する──「ひめゆり平和祈念資料館」を訪れて

[2009年11月15日号(濱野智史)]

 ごく個人的な話で恐縮だが、昨年の夏、筆者は沖縄本島を訪れた。そのとき強烈な印象を受けたのが、かの有名な「ひめゆり平和祈念資料館」だった。今回はその話を糸口としながら、歴史資料館の未来について考えてみたい。

第2回:MAD動画化される世界

[2009年09月15日号(濱野智史)]

 筆者は前回、「七色のニコニコ動画」という作品を取り上げ、次のように説明した。「N次創作」が盛んに行なわれるニコニコ動画という環境下において、それは「さまざまな作品を『ネットワーク』のようにハブとして繋ぎ、それらを極度なまでに圧縮した『デー...

第1回:作品それ自体がデータベースであり、ネットワークであり、コミュニケーションでもあるような

[2009年07月15日号(濱野智史)]

 今回、『artscape』で全6回の連載を担当することになった。編集部からのオーダーは、近年のウェブサービスの最新動向のなかから、特にデジタル・アーカイブ(データベース)という点で着目すべき事象を取り上げ、考察するというものである。

▲ページの先頭へ

レビュー/プレビュー

フォーカス

【ベルリン、ハレ】パンデミックが開いた世界観──私たちは他の存在とどう生きるのか

NEW【ベルリン、ハレ】パンデミックが開いた世界観──私たちは他の存在とどう生きるのか

著者:日比野紗希

ヨーロッパはホリデーシーズンが到来。昨年の秋から続いた厳格なロックダウンが解かれ...

東日本大震災の記憶の伝承──被傷性の展示を行なうこと

NEW東日本大震災の記憶の伝承──被傷性の展示を行なうこと

著者:竹沢尚一郎

今年が東日本大震災発生から10年という節目であること、また「復興五輪」の呼び声で...

キュレーターズノート

「ルール?展」のルールは鑑賞者を解放するのか。それとも?

NEW「ルール?展」のルールは鑑賞者を解放するのか。それとも?

著者:田中みゆき

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、マスクの着用やソーシャルディスタンスなど、「新...

「ど れ に し よ う か な 天 の 神 様 の 言 う と お り ・・・」 あるいは「作者の死」

NEW「ど れ に し よ う か な 天 の 神 様 の 言 う と お り ・・・」 あるいは「作者の死」

著者:中井康之

京都、八坂神社の周囲の夏木立の茂る、日本料理店などが並ぶ一角にあるeN arts...

小さな町で美術を耕す──小国町・坂本善三美術館と地域住民たちの数々の試み

NEW小さな町で美術を耕す──小国町・坂本善三美術館と地域住民たちの数々の試み

著者:坂本顕子

日本で唯一と言われる畳敷きの展示室を持つ坂本善三美術館は、大分県に隣接した熊本県...

artscapeレビュー一覧

ほろびて『あるこくはく [extra track]』

NEWほろびて『あるこくはく [extra track]』

2021/06/19~2021/06/22 SCOOL

著者:山﨑健太

5月の第11回せんがわ劇場演劇コンクールでグランプリ、劇作家賞(細川洋平)、俳優...

鷹野隆大 毎日写真1999-2021

NEW鷹野隆大 毎日写真1999-2021

2021/06/29~2021/09/23 国立国際美術館

著者:飯沢耕太郎

めっぽう面白い展覧会だった。鷹野隆大は、1990年代以降の日本の写真表現を牽引し...

石田智哉『へんしんっ!』

NEW石田智哉『へんしんっ!』

2021/06/27~2021/07/16 第七藝術劇場

著者:高嶋慈

自身も電動車椅子で生活する映画監督による、「しょうがい者の表現活動を追ったドキュ...

サーリネンとフィンランドの美しい建築展

NEWサーリネンとフィンランドの美しい建築展

2021/07/03~2021/09/20(※) パナソニック汐留美術館

著者:五十嵐太郎

※日時指定予約を実施 「ルオー」「建築・住まい」「工芸・デザイン」という三本柱を...

GENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は?

NEWGENKYO 横尾忠則 原郷から幻境へ、そして現況は?

2021/07/17~2021/10/17 東京都現代美術館

著者:村田真

都現美の巨大な企画展示室2フロアを使った大規模な個展。チラシによれば、「60年以...

包む─日本の伝統パッケージ

NEW包む─日本の伝統パッケージ

2021/07/13~2021/09/05 目黒区美術館

著者:杉江あこ

漢字の「包」は、女性のお腹に胎児が宿っている形から生まれた象形文字である。一方、...

脇坂真弥『人間の生のありえなさ──〈私〉という偶然をめぐる哲学』

NEW脇坂真弥『人間の生のありえなさ──〈私〉という偶然をめぐる哲学』

著者:星野太

発行所: 青土社 発行日:2021/04/30 「こんなことはありえない」──お...

カタログ&ブックス | 2021年8月1日号[近刊編]

NEWカタログ&ブックス | 2021年8月1日号[近刊編]

著者:artscape編集部

展覧会カタログ、アートやデザインにまつわる近刊書籍をアートスケープ編集部が紹介し...

トピックス

3Dデジタル技術がひらく、ニューノーマルの文化体験

3Dデジタル技術がひらく、ニューノーマルの文化体験

著者:小林桂子

DNP五反田ビル1F(東京都品川区)で「BnF × DNP ミュージアムラボ 第...

[PR]サントリー美術館に聞く! 学芸員インタビュー「ミネアポリス美術館 日本絵画の名品」

[PR]サントリー美術館に聞く! 学芸員インタビュー「ミネアポリス美術館 日本絵画の名品」

著者:内田洸内田伸一

ミネアポリス美術館(通称Mia)は、1883年に25人の市民が地域の暮らしに芸術...

360°ビュー

テラヤマという「多面体」のなかを泳ぐ──<br>三沢市寺山修司記念館 常設展示室/特別企画展2020 vol.2「オリンピックと寺山修司」

テラヤマという「多面体」のなかを泳ぐ──
三沢市寺山修司記念館 常設展示室/特別企画展2020 vol.2「オリンピックと寺山修司」

著者:広瀬有紀

俳人であり、劇作家でもあり、映画監督でもあり、競馬評論家でもあり──数多の肩書き...

描かれた染織品や衣装から画業をひも解く──<br>藤田嗣治と彼が愛した布たち

描かれた染織品や衣装から画業をひも解く──
藤田嗣治と彼が愛した布たち

著者:岩永悦子

エコール・ド・パリ を代表する画家として知られ、近年ますます再評価の高まる藤田嗣...

文字の大きさ