2017年12月15日号
次回1月15日更新予定

オススメ展覧会

ウェールズ国立美術館所蔵 ターナーからモネへ

2017年12月15日号

英国・ウェールズの中心都市カーディフにあるウェールズ国立美術館は、1907年に設立されました。同館は、ターナーやコンスタブル、ロセッティら英国の巨匠はもとより、ミレーやコロー、マネ、モネ、ピサロ、シスレー、ルノワールなどの優れたフランス近代美術のコレクションでも知られます。本展は、同館のコレクションを精選した約70点により、19世紀から20世紀に至る英仏両国の美術の変遷をたどります。
印象派のモネやピサロは、普仏戦争の戦禍を避けるため滞在したロンドンで、ターナーの作品にふれ、非常に感銘を受けたといわれています。一方、19世紀末から20世紀初めのイギリスの若い画家たちは、フランスの印象派に影響を受けた作品を描き、自国の美術に新しい風を吹き込みました。英仏の美術が海峡を越えて行き来していた様子を、知られざる名画の数々で是非ご覧ください。[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00042297.json s 10141198

静岡市美術館

地域 中部
会場静岡市美術館 
静岡県静岡市葵区紺屋町17-1葵タワー3F
会期2017年11月23日(木・祝)~2018年1月28日(日)
入場料一般=1,200(1,000)円
大高生・70歳以上=800(600)円
*( )内は前売/20人以上の団体料金
*中学生以下は無料
*障害者手帳等をご持参の方および介助者原則1名無料
休館日月曜日、1/9、年末年始(12/28-1/1)(ただし、1/8は開館)
開館時間10:00~19:00
*入館は閉館の30分前まで
問い合わせ先tel. 054-273-1515
主催静岡市、静岡市美術館 指定管理者(公財)静岡市文化振興財団、テレビ静岡、中日新聞東海本社
公式サイトhttp://shizubi.jp/

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ