2019年09月15日号
次回10月1日更新予定

現代美術用語辞典 1.0

イメージのパサージュ(移行)展

Passage de l'Image
2009年01月15日掲載

ポンピドゥー・センターの国立近代美術館キュレーターとして「エポック・モード・モラル・パッション」展(1987)の映画部門を担当したカトリーヌ・ダヴィッド、同センターでヴィデオ・アートのコレクションとプログラムを担当するクリスチーヌ・ヴァン・ナッシュ、さらにゲスト・キュレーターとして映像理論家レイモン・ベルールが企画に加わり、1990年同センターの現代ギャラリーで開催された。ベルールの「どこからでもやり直せる」という言葉に表われているように、商業映画、実験映画、ヴィデオ・アートといった別々の領域で行なわれてきたイメージの実験的な試みを統合し、アートの領域に回収しながら、それらのイメージが切り開く可能性を提示しようとした。会場での作品展示のほか、ヴィデオ・アートや映画をセンター内の映写室でも上映。J・ウォールの《壁》から始まる展示は、鑑賞者を視覚と空間の迷路に誘い込んだ。C・マルケルの音と映像によるインスタレーション《堆積》は、彼の映画『ベルリンの壁』を映写。D・アダムスは会場で上映される映画やヴィデオのイメージの抜粋を、報道写真とともにシミュレーションとして写し出した。その他、J・カデュー、M・スノー、B・ヴィオラ、T・クンツェル、G・ヒルら映像作家のほか、D・グラハムなど16組が参加。同展はその後91年から92年、バルセロナ、トロントを巡回。

[執筆者:柴田勢津子]

現代美術用語辞典 2.0

▲ページの先頭へ

文字の大きさ