2020年09月15日号
次回10月1日更新予定

現代美術用語辞典 2.0

現代美術用語辞典 1.0

索引

日本語

ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行

アルファベット

数字

デジタルアーカイブ用語集

▲ページの先頭へ

レビュー/プレビュー

フォーカス

ネットアートのゾンビと、神の降臨を祈る機械たちの儀式

NEWネットアートのゾンビと、神の降臨を祈る機械たちの儀式

著者:藤田直哉

ネットアートは死んだ、と言った人がいる。それに倣って言えば、東京都写真美術館で開...

キュレーターズノート

「コミュニティー」と「祭り」のあり方──飛生芸術祭から見えてくるもの

NEW「コミュニティー」と「祭り」のあり方──飛生芸術祭から見えてくるもの

著者:立石信一

前回の執筆時点(2020年4月15日号)では、東京2020オリンピック・パラリン...

謙虚さを学ぶ──「YCAMオープランラボ2020:続・ナマモノのあつかいかた」

NEW謙虚さを学ぶ──「YCAMオープランラボ2020:続・ナマモノのあつかいかた」

著者:吉﨑和彦

11月の開催に向けて準備を進めていたホー・ツーニェンの展覧会が、来年4月に延期と...

アートを摂取すること──「猪熊弦一郎展 アートはバイタミン」

NEWアートを摂取すること──「猪熊弦一郎展 アートはバイタミン」

著者:橘美貴

リオープンをした丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(以下、MIMOCA)で、「 猪熊弦一...

「プランB」ではないオンラインイヴェントの可能性<br>──新型コロナウイルス流行下の試みから

NEW「プランB」ではないオンラインイヴェントの可能性
──新型コロナウイルス流行下の試みから

著者:町村悠香

都内にある多くの美術館と同様に、筆者の勤務する 町田市立国際版画美術館 は、新型...

artscapeレビュー一覧

大船渡、陸前高田、気仙沼をまわる

NEW大船渡、陸前高田、気仙沼をまわる

著者:五十嵐太郎

BRTの大船渡駅に隣接する《おおふなぽーと(大船渡市防災観光交流センター)》(2...

仮想劇場短編演劇祭

NEW仮想劇場短編演劇祭

2020/08/22~2020/08/24 仮想劇場ウイングフィールド

著者:高嶋慈

「仮想劇場ウイングフィールド」は、大阪の小劇場ウイングフィールドが、コロナ禍の状...

特別企画 和巧絶佳展 令和時代の超工芸

NEW特別企画 和巧絶佳展 令和時代の超工芸

2020/07/18~2020/09/22 パナソニック汐留美術館

著者:杉江あこ

フランスを中心に欧州では、近年、工芸作家によるアート運動というべき「ファインクラ...

岡田利規『未練の幽霊と怪物 挫波/敦賀』

NEW岡田利規『未練の幽霊と怪物 挫波/敦賀』

著者:山﨑健太

発行所: 白水社 発行日:2020/08/03 岡田利規の新たな戯曲集『未練の幽...

カタログ&ブックス | 2020年9月15日号[近刊編]

NEWカタログ&ブックス | 2020年9月15日号[近刊編]

著者:

展覧会カタログ、アートやデザインにまつわる近刊書籍をartscape編集部が紹介...

トピックス

スタッフエントランスから入るミュージアム(4)<br>展示企画開発──領域を横断するアジテーター

スタッフエントランスから入るミュージアム(4)
展示企画開発──領域を横断するアジテーター

著者:遠藤治郎坂口千秋

4月はじめ、新型コロナウイルス感染拡大防止で全国の美術館博物館が一時休館になり、...

360°ビュー

子どもの頃の記憶がよみがえるような展覧会──<br> 松本力「記しを憶う」—東京都写真美術館コレクションを中心に

子どもの頃の記憶がよみがえるような展覧会──
松本力「記しを憶う」—東京都写真美術館コレクションを中心に

著者:松本力田村麗恵

絵かき、映像・アニメーション作家の松本力の個展「 『記しを憶う』—東京都写真美術...

六者六様の「子ども」像──<br>上野アーティストプロジェクト2019「子どもへのまなざし」

六者六様の「子ども」像──
上野アーティストプロジェクト2019「子どもへのまなざし」

著者:田中宏子

数多くの公募団体による展覧会が日々開催され、「公募展のふるさと」とも呼ばれている...

文字の大きさ