2019年09月15日号
次回10月1日更新予定

現代美術用語辞典 1.0

「記号の森――表彰の危機に瀕する芸術」展

A Forest of Signs: Art in the Crisis of Representation
2009年01月15日掲載

1989年、ロサンゼルス現代美術館で開催。キュレーターはアン・ゴールドシュタインとメアリー・ジェーン・ジェイコブ。出品作家はバーバラ・ブルーム、ジェニー・ホルツァー、マイク・ケリー、ジェフ・クーンズ、シェリー・レヴィーン、ロバート・ロンゴ、アラン・マッカラム、シンディ・シャーマン、ジェームス・ウェリングなど。出品作品の大多数を、大衆消費社会特有のイメージやテクストを利用(あるいは盗用)した作品、つまり「表象によって表象批判をなす」作品が占める。カタログでは、レーガノミクスが80年代のアメリカにもたらした好況が、逆説的に高度資本主義社会に対するシニカルな態度を生み、それが広告イメージなどの(バブリーな)表象を用いるこれらの芸術に結びついたとされる。裏返せば、そうした背景=コンテクストについて、これ以上わかりやすく「説明してくれる」展覧会もほかにないだろう。展覧会のサブタイトル(「表象の危機に瀕する芸術」)といい、ポストモダニズムシミュレーショニズムの絶頂にして、すでに総決算といったふうな展覧会。

[執筆者:林卓行]

現代美術用語辞典 2.0

▲ページの先頭へ

文字の大きさ