2020年02月15日号
次回3月2日更新予定

現代美術用語辞典 1.0

エッチング

Etching
2009年01月15日掲載

インタリオ(凹版)技法における間接法の一種。あえて日本語に訳せば凹版腐刻線技法ということになる。一般には銅版画の代名詞のように用いられることもある。耐酸性の防蝕剤(グランド)を塗布した金属版の表面にニードルなどの道具で描画し、描線のグランドを掻き取って金属の地肌を露出させた後、硝酸や塩化第二鉄など酸性の腐食液に浸すと、描線部分のみが腐食し凹状になる。グランドを除去した後、凹部にインクを詰めプレス機にかけて印刷する。微細な線や図柄の再現に適している。腐蝕操作で金属面に図柄を表現する手法は中世ヨーロッパですでに行なわれていたが、版画技法として確立したのは16世紀初頭のドイツ。初期の代表的なエッチング作家としては、A・デューラー(1471-1528)が有名。

[執筆者:木戸英行]

現代美術用語辞典 2.0

▲ページの先頭へ

文字の大きさ