2020年01月15日号
次回2月3日更新予定

現代美術用語辞典 1.0

ホワイト・キューブ

White Cube
2009年01月15日掲載

イギリス、ロンドンのギャラリー集合地帯、デューク・ストリートに、1993年オープンしたスペース。J・ジョプリングが主宰するホワイト・キューブは、コンテンポラリー・アート中心のスペースであり、きわめて小規模でありながら、企画の斬新さとユニークなアーティストの発掘で世界中から注目されている。その名の通り角砂糖のような建築はミニマル建築で知られるC・シルヴェストリンによるものである。近年では、95年のD・ハースト、96年のJ・ピアスン、97年のG・ヒル、R・プリンス等の展示が評判となった。

[執筆者:苅谷洋介]

現代美術用語辞典 2.0

▲ページの先頭へ

文字の大きさ