2019年09月15日号
次回10月1日更新予定

現代美術用語辞典 1.0

ミニマル・ミュージック

Minimal Music
2009年01月15日掲載

単純な規則性をもった音列の反復によって構成される音楽。ひとつのスタイルとしては、1960年代にアメリカを中心に展開した。代表的な作曲家に、テリー・ライリー、ラ・モンテ・ヤング、スティーヴ・ライヒ、フィリップ・グラスがいる。「ミニマル」の呼称は同時期に活発だった美術の傾向、「ミニマル・アート」から取られているが、この二つの直接的な影響関係はあまりない。例えばラ・モンテ・ヤングは、むしろフルクサスのパフォーマーである。一般にミニマル・ミュージックの作品は、単純なフレーズの反復によってなりたつと同時に、メロディアスでリズミカルなものである。そのため、「無調」だから「難解」とされる現代音楽のなかでは、例外的に「聴きやすい」ものとなっている。この聴きやすさは、これらの作曲家がジャズや民族音楽など、ポピュラー・ミュージックのイディオムを積極的に取り入れたこととも関係する。60年代のカウンター・カルチャーの影響も見逃せない。だから、90年代に入ってテクノ・ミュージックがスティーヴ・ライヒを再発見したことは、すこしも驚くにあたらない。

[執筆者:林卓行]

現代美術用語辞典 2.0

▲ページの先頭へ

文字の大きさ