2020年10月15日号
次回11月2日更新予定

現代美術用語辞典 1.0

全体性

Wholeness
2009年01月15日掲載

ひとつの作品が、全体と部分というヒエラルキーなしに、強固な統一体であること。すなわち、「部分がただちに全体となる」こと。ミニマル・アートにおいて、イリュージョンの放逐と並んで、重要なことである。作品の「全体性」を保証するのは、マイケル・フリードも指摘する通り、形体の「単一性」(singleness)である。旧来の芸術は部分を構成して、統一体を成していたが、抽象表現主義絵画に至ると、オールオーヴァー(all over)になる。すなわち、画面は、ある技法や構図によって、かぎりなく均質に全面を覆われる。このオールオーヴァーな性質は「全体性」の先駆ではあるが、抽象表現主義絵画があくまで絵画であったのに対して、ミニマル・アートの場合、絵画でも彫刻でもない新たな三次元の作品になるのだ。

[執筆者:三上真理子]

現代美術用語辞典 2.0

▲ページの先頭へ

文字の大きさ