2020年10月15日号
次回11月2日更新予定

現代美術用語辞典 1.0

タシスム

Tachisme
2009年01月15日掲載

「タシスム」の語幹である「タッシュ」とはもともと汚れや染みを意味するフランス語だが、なるほどその代表的作家と目されるG・マチューの作品に接すると、こう形容するのが相応しく思われる。第二次大戦後いち早く勢力を拡大した「アンフォルメル」の影響力は、発祥地のフランスのみならずアメリカにまで及び、一時期J・ポロックやW・デ・クーニングも関与していた。全く絵筆を用いずに絵の具をチューブから直接キャンヴァスに塗布するマチューの技法は、ポロックの「ドリッピング」を強く意識していたものと推測され、従来のヨーロッパからアメリカへという運動の流れが、ちょうどこの時期の「抽象表現主義」を契機に逆転しつつあった歴史的経緯がここでも確かめられる。そうした事実に比例するかのように、「タシスム」の成果は「抽象表現主義」と比べるまでもなく、結局「アンフォルメル」のなかの一流派の域を出ることはなかった。

[執筆者:暮沢剛巳]

現代美術用語辞典 2.0

▲ページの先頭へ

文字の大きさ