2020年02月15日号
次回3月2日更新予定

現代美術用語辞典 1.0

リトグラフ/石版画

Lithograph
2009年01月15日掲載

版画技法の一種。版式では平版技法に分類される。原理は脂質と水が互いに反発し合う性質を利用するもので、1798年にドイツのA・ゼーネフェルダーによって、楽譜出版のための印刷法として考案された。版材には、高純度の石灰石(バイエルン地方産出の石灰石が最良とされている)を用い、そのため別名を石版画ともいうが、現在では、ジンク、アルミニウムなどの金属版も使用される。製版は、まず版材の上にクレヨンやトゥーシュと呼ばれる油性の溶き墨で描画することから始まる。次に、版面全体にアラビアゴムと硝酸を塗布する。こうすることで、描画部の脂質に対する感受性が化学的に強化され、非描画部は逆に親水性が強まる。印刷の際は、版全体に薄く水をひいた上に、油性のインクをローラーで転がすと、親水性の非描画部は水分を保持しているためインクをはじき、描画部のみにインクを着肉することができ、これに用紙をあててプレス機で刷りとる。他の版種と異なり、製版時の描画にあたって画家が通常使うクレヨンや筆が使用可能で、しかも、それらの調子が紙に描いたものと同じように再現できることが特徴である。また、感光乳剤を使用した写真製版も広く行なわれている。商業印刷のオフセット印刷はリトグラフを大量生産に向くように改良した技法である。

[執筆者:木戸英行]

現代美術用語辞典 2.0

▲ページの先頭へ

文字の大きさ