2020年10月15日号
次回11月2日更新予定

現代美術用語辞典 1.0

平面性

Flatness
2009年01月15日掲載

絵画という媒体の本質であり、美術評論家クレメント・グリンバーグがモダニズム絵画において、追求すべきだと考えたこと。彼によれば、絵画というジャンルの最大の特徴はキャンヴァスの「平面性」である。モダニズムの本質は、自己批判的傾向の強化にあるという。芸術において、それはそれぞれの媒体の特性を活かして、純粋になることを意味する。絵画の純粋化の方向性は、ただの平面に陥ることなく、平面性を追求することにあった。こうして、抽象絵画は自律化する。グリンバーグのこの主張は、ミニマル・アートの代表的作家であるドナルド・ジャッドの論文「特殊な物体(Specific Object)」(1965)において、字義通りに解釈される。ただし、ジャッドにとっては、グリンバーグが退けた、ただの平面がもたらす物体性こそが、重要なのである。 そこで、ジャッドは絵画という媒体そのものに限界があると考え、三次元のオブジェを制作することになる。ジャッドにとっては、グリンバーグがよしとしない平面にはまだイリュージョンが残っているのだ。こうして、ミニマル・アートは「平面性」をひとつの契機にして、徹底的にイリュージョンを排する芸術動向として、1960年代以降のアメリカを風靡することになる。

[執筆者:三上真理子]

現代美術用語辞典 2.0

▲ページの先頭へ

文字の大きさ