2019年11月01日号
次回11月15日更新予定

オススメ展覧会

印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション

2019年11月01日号

産業革命期、グラスゴーは英国随一の港湾都市として栄えました。ウィリアム・バレル(1861-1958)は、この地で家業の海運業に携わり、船舶の売買により巨額の富を得て、「海運王」と称されます。彼は古今東西の美術作品の収集に努め、9000点を超えるコレクションを形成しました。
それらの作品は、1944年にグラスゴー市に寄付され、1983年には美術館「バレル・コレクション」が開館しました。本展では、バレルの膨大なコレクションとケルヴィングローヴ美術博物館(グラスゴー)の名品の中から、バルビゾン派や印象派などのフランス絵画、その影響を受けたスコットランドやオランダの画家たちによる選りすぐりの80作品を展示。写実主義から印象派へと至る流れをクールベ、ドガ、ルノワール、セザンヌやゴッホらの傑作を通じて辿ります。[広報資料より]

オススメ展覧会 /relation/e_00051007.json s 10157708

広島県立美術館

地域 中国
会場広島県立美術館
広島県広島市中区上幟町2-22
会期2019年11月2日(土)~2020年1月26日(日)
入場料一般=1,400(1,200)円
高大生=1,000(800)円
小中生=600(400)円
*( )内は前売および20人以上の団体料金
*学生券をお求めの際は学生証のご提示をお願いします
*身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者(1名まで)の当日料金は半額です
休館日年末年始(12/25〜1/1)
開館時間9:00~17:00(金曜日は19時まで開館、入場は閉館の30分前まで。11/2は10時開場)
問い合わせ先tel. 082-221-6246
主催広島県立美術館、中国新聞社、中国放送、毎日新聞社
公式サイトhttps://burrell.jp/

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ