2021年12月01日号
次回12月15日更新予定

artscape



アートフラッシュニュース

artscape編集部おすすめの展覧会&イベントなどの情報

2021年12月01日【更新情報】

artscape Japan 12月号を更新しました

2021年12月01日【更新情報】

artscape 12月1日号を更新しました

フォーカス

artscapeが注目している展覧会やアートシーンをレポートする特集記事。

キュレーターズノート

地域のアート情報を美術館学芸員がリコメンド&ナビ。全国から季節に一度のレポートをお届けします。

トピックス

美術にまつわる時事的な問題・事件をお伝えします。

スタッフエントランスから入るミュージアム(5)美術図書室司書──もうひとつの収蔵品の案内人

著者:岩田郁子(東京都現代美術館 美術図書室司書)/坂口千秋(アートライター)

360°ビュー

360度カメラを用いたパノラマビューと、関係者へのインタビューを交えた展覧会紹介コーナー。

アート・アーカイブ探求

「アート・アーカイブ」の独自性と可能性を探求するインタビューシリーズ。鑑賞の視座や注視点、美の探究に必要な知識や絵画の鑑賞方法について。

アンディ・ウォーホル《黄金のマリリン・モンロー》──豊かな空虚「林 卓行」

著者:影山幸一(ア-トプランナー、デジタルアーカイブ研究)

もしもし、キュレーター?

従来のキュレーターの枠組みにとらわれず、ときに特異的な活動を展開する全国各地のキュレーターに話を聴いていく、リレー形式の対談シリーズ。

第3回 地域のことを考えないと、美術館自体が成立しない──尺戸智佳子(黒部市美術館)×藤川悠(茅ヶ崎市美術館)

著者:尺戸智佳子(黒部市美術館)/藤川悠(茅ヶ崎市美術館)/杉原環樹(ライター)

デジタルアーカイブスタディ

デジタルアーカイブの動きを多面的に紹介。

マテリアリティを備えたデジタルアーカイブを目指して──KeMCoの実践

著者:本間友(慶應義塾ミュージアム・コモンズ専任講師/慶應義塾大学アート・センター所員)/宮北剛己(慶應義塾ミュージアム・コモンズ特任助教/慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究センター研究員)

ミュージアム検索Museum Database

全国の美術館・博物館の情報をデータベース化!

Database of museums and galleries nationwide!

世界の美術館データベース

オススメ展覧会

展覧会スケジュール

■巡回展情報

artscape Japan

artscape Japan is a monthly English web magazine for readers both inside and outside Japan with an interest in Japan's art scene and artists.

アートスケープジャパンは日本のアートシーンやアーティストを国内外の読者に紹介する英語のウェブマガジンです。

文字の大きさ