2019年08月01日号
次回9月2日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

「インフォメーション」展

“Information”

1970年にニューヨーク近代美術館で開催された展覧会。キュレーションは「プライマリー・ストラクチャーズ」展(1966年、ジューイッシュ美術館)の企画者でもあるキーナストン・マクシャインが務めた。出品作家は、V・バーギン、D・ビュレン、J・ディベッツ、H・ハーケ、B・ナウマンなど、コンセプチュアル・アートを中心に、当時を代表する作家たちが参加している。また、展覧会に際しては、あえて展覧会の内容を紹介するものではない、個々の作家による独自のレイアウトで組まれた「コンセプト・ブック」のような体裁のカタログが刊行された。マクシャインはコンセプチュアル・アートの台頭に代表される60年代後半からの美術の流動化と国際化に注目し、それらの新たな美術動向が、従来の作品に見られる物質的条件や特定の様式からの拘束を離れ、フィルム、ヴィデオ、雑誌、印刷物、ファックス、郵便などの情報システムやコミュニケーション・システムに関心を寄せていると述べている。これらの作品=活動は、非物質的であるがゆえに、地域的な偏差を離れて即時的なコミュニケーションと情報の共有化に働きかけるものであり、それは、さまざまな情報媒体に美術が拡散していく過程を示していた。ゆえにこの企画には、特定の空間を前提としたギャラリーや美術館の旧弊な流通形態への自己批判的な政治意識も込められていたと考えられる。

著者: 沢山遼

参考文献

  • Information, , Kynaston L. McShine ed., Museum of Modern Art, 1970

年代

ジャンル

関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ