2019年06月15日号
次回7月1日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

『モダン・アート』長谷川三郎

Modern Art, Saburo Hasegawa

画家の長谷川三郎が、モダン・アートの歴史と現在の日本におけるその課題について、一般向けに平易に書いた本。1950年6月、東京堂から出版された。本書では、子どもの絵の魅力から説き起こし、上手・下手は問題ではないことを訴え、埴輪や土偶の気味の悪さの内に「生命の感じ」を認め、印象主義からシュルレアリスムまでの西洋近代美術史を解説する。そして最後に「明日の芸術」として、東洋と西洋を越えた美術、日本の伝統の内にあるシュルレアリスム的なものについて論じ、日本の伝統を生かしたモダン・アートの創造を訴える。本書の校正中の同年5月2日にイサム・ノグチが来日し、長谷川はノグチの内に、本書で試みた解説と予想以上に近い、しばしばまったく同じ考え方があることを確かめたと述べた。その後、一般向けの同種の美術書として岡本太郎の『今日の芸術』(1954)と『日本の伝統』(1956)が刊行され、ベストセラーとなった。しかし、確かにアジテーションとしての力強さは岡本に劣るにせよ、長谷川が論じたことの先駆性は注目に値する。

著者: 足立元

参考文献

  • 『モダン・アート』, , 長谷川三郎, 東京堂, 1950
  • 『今日の芸術』, , 岡本太郎, 講談社文庫, 1973
  • 『日本の伝統』, , 岡本太郎, 講談社現代新書, 1973

年代

ジャンル

関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ