2019年08月01日号
次回9月2日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

おたく/オタク

Otaku

マンガ、アニメ、アイドルなどのサブカルチャーの特定領域に関心を持ち、そのことに自らのアイデンティティを見出す人々の総称。明確な定義があるわけではなく、論者によりさまざまな解釈が試みられる語。もとはエッセイストの中森明夫による1983年の造語とされる。88年に発生した東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件を機に、同事件の被告に象徴される非社会的な人格を連想させる語として、否定的な評価とともに社会的に認知されるようになった。しかし90年代には、サブカルチャーを日本の新しい文化的アイデンティティ、有望なコンテンツ産業として重要視する動向を背景に、それを支える文化的・経済的主体として肯定的にも捉えられるようになった。オタクたちは同類のオタク同士で活発なコミュニケーションを行ない、独自の島宇宙的なコミュニティを形成するが、コミュニティ外の領域、特に美術、学術研究といったハイカルチャーからの干渉には強い反発を示すことがある。オタクのうち60年前後生まれを第一世代、70年前後生まれを第二世代、80年前後生まれを第三世代と分類することがある。

著者: 太田智己

参考文献

  • 『動物化するポストモダン オタクから見た日本社会』, , 東浩紀, 講談社現代新書, 2001
  • 『ヴェネチア・ビエンナーレ第9回国際建築展 日本館 おたく:人格=空間=都市』, , 森川嘉一郎編, 幻冬舎, 2004
  • 『リトルボーイ 爆発する日本のサブカルチャー・アート』, , 村上隆編著, ジャパン・ソサエティー, 2005
  • 『東大オタク学講座』, , 岡田斗司夫, 講談社文庫, 2008

参考資料

関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ