2019年06月15日号
次回7月1日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

アサヒ・アート・フェスティバル(AAF)

Asahi Art Festival(AAF)

2002年から始まった、「市民の主体的な参加によるアート・フェスティバル」というコンセプトで毎年開催されているアート・フェスティバル。美術・音楽・パフォーマンスなどさまざまな分野のプロジェクトが日本全国で開催される※。
アサヒ・アート・フェスティバル(AAF)は、全国のアートNPOや市民グループがゆるやかにつながってできたネットワークを通して展開される。「街資源の発見」「アートセンター」「ワークショップ」「カフェ」「アート・ツアー」「街へ出るアート」「アート・ボランティア」「アートNPO」「評価と公共圏」「企業メセナ」という10個のキーワードと、それらにまつわる日本全国のアート・プロジェクトを束ねているのがAAFである。開始当初はアサヒビール本社がある隅田川周辺地域を中心に行なっていたが、05年から企画公募を始め、北海道から沖縄まで活動範囲が広がった。年によって数は異なるが、全国の約20-30の公募企画が実行委員と外部の専門家によって選考される。クラシック音楽、現代音楽、現代美術、パフォーマンスなどさまざまな表現分野の団体が参加していることや、大学や日本全国にある地域の団体、アート以外の団体とも連携をとりフェスティバルを行なっていること、総合ディレクターを置かず、実行委員が相互にフラットな関係で企画を推進できる形態をとっていることが特徴的である。近年はAAFの運営方針として「地域」で活動することに主眼を置くとともに、地域にアートが介入する意味を問い直し、その意義を社会に提示していく傾向が強くなってきている。

著者: 下西奏

参考文献

  • 『まちにアートの風が吹く NPOと企業が共同するアサヒ・アート・フェスティバルの試み』, アサヒ・アート・フェスティバル実行委委員会編, マルモ出版, 2005
  • 『アサヒビールメセナ』第26号, アサヒビール株式会社社会環境推進部、財団法人アサヒビール芸術文化財団, 2009
  • 『ASAHI ART FESTIVAL 2009 アートツーリズムでいこう アサヒ・アート・フェスティバル2009報告書』, アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会, 2010

参考資料

註・備考

  • ※2012年度の開催期間は6月16日から10月14日まで。

関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ