2019年08月01日号
次回9月2日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

カメラ雑誌

Photography Magazine

カメラや写真についての専門雑誌。とりわけ日本の写真表現において、カメラ雑誌のなした意義は小さくない。今日も刊行の続く『アサヒカメラ』は、1926年にアマチュア写真家の全国的組織である全日本写真連盟が、朝日新聞社の後援のもとに結成され、その機関誌として刊行された経緯がある。カメラ雑誌は、プロ写真家によるアマチュア写真家の啓蒙や、プロ写真家への登竜門、また、写真産業の製品紹介の舞台になるとともに、専門的な写真芸術の雑誌媒体が根付きづらい日本においては、特に巻頭のグラビアページにおいて、プロ写真家による写真作品が互いにその表現を拮抗させる場ともなった。54年に創刊され、85年に休刊になった『カメラ毎日』では、60年代後半から70年代にかけて編集長を務めた山岸章二によって、当時の若手であった森山大道や「コンポラ写真」が積極的に取り上げられ、写真表現の先端を、その誌面において担うことになった。

著者: 土屋誠一

参考文献

  • 『写真編集者 山岸章二へのオマージュ』, 西井一夫, 窓社, 2002

年代

ジャンル

関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ