2019年08月01日号
次回9月2日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

タイポロジー・フォトグラフィ

Typology Photography

同じ種類の対象を被写体とした写真を集めて、イメージ同士の差異や、複数のイメージの集積から見えてくるものを探ろうとする写真表現のこと。「タイポロジー」は「類型学」の意。ドイツの写真家、ベルント&ヒラ・ベッヒャー夫妻の作品が有名である。二人は1950年代末から、ドイツを始めとする欧米各国において、産業界の合理化のなかで消えてゆく運命にあった産業施設(給水塔、溶鉱炉、採掘炉、サイロ等)や、産業地帯の住宅などを撮影。被写体に均一に光の当たる曇天の日を選んで撮影を行ない、対象のフォルムやパースペクティヴ、ストーリー性を強調しない、フラットなイメージを制作した。そして、それらの写真を同一モチーフごとに集めて、グリッド上に並べて見せるなどして、『ライフ』誌に代表される「フォト・ストーリー」とは異なるかたちで、時代や歴史のドキュメントを構成してみせた。彼らの客観的かつシステム化された制作スタイルは、60年代以降、ミニマル・アートやコンセプチュアル・アートの文脈において高く評価されることとなり、90年には、ヴェネツィア・ビエンナーレの彫刻部門で賞を受けている。

著者: 冨山由紀子

参考文献

  • Anonyme Skulpturen: Ein Typologie technischer Bauten, Bernd und Hilla Becher, Art Press Verlag, 1970
  • 「遠・近 ベッヒャーの地平 ドイツ現代写真」展カタログ, 川崎市市民ミュージアム編, 川崎市市民ミュージアム, 1996

年代

ジャンル

関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ