2019年06月15日号
次回7月1日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

ディア芸術財団

Dia Art Foundation

アメリカ、ニューヨークの郊外に建つ現代美術館「ディア・ビーコン」を設立したことで知られる1974年に発足した非営利の芸術財団。84年に公的機関として再編された。ディア・ビーコンは、ランド・アートや環境芸術などの動向のもと、60年代以降に制作されたモニュメンタルな大型作品に対応している。それ以前にD・ジャッドやD・フレイヴィンが既存の建物を使い自作のインスタレーションを行なっていたことが知られているが、ディア・ビーコンもまた環境一体型の作品を広大な展示室で展示することによって従来の美術館とは一線を画す存在となった。また、同財団はJ・タレルの《ローデン・クレーター・プロジェクト》(1974)やW・デ・マリアの《ライトニング・フィールド》(1977)などのコミッションも行なっている。2003年のディア・ビーコンの一般公開に先立ち、87年からニューヨークの「ディア・チェルシー」で長期展示されるインスタレーションの公開が行なわれてきたほか、ソーホーにも二つのスペースを持つ。また同財団はR・スミッソンの《スパイラル・ジェッティー》(1970)の管理・保全も行なっている。

著者: 沢山遼

参考文献

  • 『ランドアートと環境アート』, ジェフリー・カストナー, ファイドン, 2005

参考資料

参考作品

  • 《ローデン・クレーター・プロジェクト》, J・タレル, 1974
  • 《ライトニング・フィールド》, W・デ・マリア, 1977
  • 《スパイラル・ジェッティー》, R・スミッソン, 1970

年代

ジャンル

関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ