2019年08月01日号
次回9月2日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

トランスメディアーレ

Transmediale

2001年に始まったドイツ、ベルリンで毎年1月後半から2月にかけて開催される芸術、技術、文化に関わるフェスティヴァル。その名が示すように、分野を超えた表現の舞台となることを目的として掲げており、毎年「Do it Yourself !」(2001)、「Deep North」(2009)、「in/compatible」(2012)といった特定のテーマを設定し、展覧会、国際会議、上映会、演奏会などさまざまな形式で現代文化を再考し続けている。初代ディレクターはアンドレアス・ブロックマン。08年から11年まではステファン・コヴァツがディレクターを務め、12年からはクリストファー・ガンシングがその職を担う。同じくヨーロッパで開催される同様のフェスティヴァルであるアルス・エレクトロニカと比較して、若手の作品が取り上げられることが多く、世界各国の作家にとって登竜門的な存在となっている。同時期に開催されるクラブ・トランスメディアーレは、バルセロナで行なわれるソナーと並ぶ電子音楽の祭典となっており、期間中ベルリン各地のクラブで古典的な実験音楽からダンス・ミュージック、コンピュータを駆使したパフォーマンスに至るまでさまざまなイヴェントが行なわれる。

著者: 城一裕

参考資料

関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ