2019年10月15日号
次回11月1日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

パンチング・メタル

Punching Metal

穴あけ加工を施した金属板。建築材料としてのパンチング・メタルは、内装材および外装材料として用いられることが多い。開けられる穴の大きさとそのピッチにより採光と視界を、また金属板の仕上げの違いで光の反射など、複数の要素を制御できるといった機能的な特徴をもつ。日本では1980年代以降多用されることになり、伊東豊雄による《シルバーハット》(1984)や《風の塔》(1986)、長谷川逸子による《NCハウス》(1984)や《湘南台文化センター》(1989)などで象徴的に使用されており、両者とも外壁、または屋根に透明性を持たせるという目的のためにパンチング・メタルを用いている。また、穴の大きさや密度を容易に変化させることができるので、模様を作ることが可能で、商業ビルのファサードに使用されることも多い。乾久美子による《ディオール銀座》(2004)の外装では、パンチング・メタルの外壁の裏に、同様のドット・パターンを印刷した外壁を2枚並べることで、パターンの重なり合いからモアレ効果を生み出している。

著者: 有山宙

関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ