2019年06月15日号
次回7月1日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

フェルデンクライス・メソッド

Feldenkrais Method

ウクライナ出身の物理学者モーシェ・フェルデンクライスが創始した、身体訓練による自己開発法。特徴はシンプルで反復的な運動を通して身体への気づきを促すところにある。フェルデンクライスはレッスンの意図を、能力の改善、すなわち可能性の限界を広げ、困難をたやすいものに、たやすいものを楽しいものに変えることとしている。そのためには、話したり、動いたり、考えたり、感じたりする際の、各人が長い年月をかけてつくってきた自己イメージを変えなければならないが、フェルデンクライスは各人が自分の身体反応の動力学を変化させることでそれが可能になると考えた。そこで目指されるのは、慣習化された緊張と非合理な努力から身体を解放し、軽くて楽な動きができるようになることである。具体的には、立つ、歩く、横になるといった基礎的な動作のなかで、ゆっくりと無理なく体の部位を動かしながら体重の変化を観察することなどがレッスン内容を構成している。欧米では、スポーツ選手をはじめとして、俳優や音楽家、ダンサーなどが愛好しており、またリハビリテーションの一環として医療機関に取り入れられている事例もある。フェルデンクライスはアレクサンダー・テクニークの提唱者フレデリック・マサイアス・アレクサンダーとも親交があったとされ、両者のメソッドには類似点を見出すことができる。

著者: 木村覚

参考文献

  • Body & Mature Behavior: A Study of Anxiety, Sex, Gravitation, & Learning, Moshe Feldenkrais, Frog Books, 1949
  • 『フェルデンクライス身体訓練法 からだからこころをひらく』, M・フェルデンクライス(安井武訳), 大和書房, 1993(原書1972)
  • 『フェルデンクライス・メソッドwalking 簡単な動きをとおした神経回路のチューニング』, ジェームズ・アマディオ(橋本辰幸監訳), スキージャーナル, 2006

関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ