2019年08月01日号
次回9月2日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

写真と民俗学

Photography and Folkloristics

写真と民俗学との関係としては、まず、民俗学者や民俗学の学術的目的で撮影された写真がある。この代表的な例は、宮本常一が残した写真群であろう。また、民俗学に寄与することを目的として撮影された写真もあり、芳賀日出男らがその代表例である。さらに、自身も民俗学者を兼ねる写真家もおり、これには、東京や東北の市井の人々や民間信仰、祭などを撮影する内藤正敏や、沖縄の民俗祭祀を撮影した比嘉康雄といった例が挙げられる。さらに、民俗学的な想像力に基づいていることが明白な写真としては、濱谷浩の『裏日本』や、土田ヒロミの『俗神』なども挙げられるであろう。いずれにせよ、近代化の進展とともに消え去り、無形の被写体を写真にとどめるという欲望において、これらの写真は通底していると言える。

著者: 土屋誠一

参考文献

  • 『宮本常一写真・日記集成』, 毎日新聞社, 2005
  • 『婆 東北の民間信仰 内藤正敏写真集』, 内藤正敏, 朝日ソノラマ, 1979
  • 『母たちの神 比嘉康雄写真集』, 比嘉康雄, 出版舎Mugen, 2010
  • 『裏日本 浜谷浩写真集』, 浜谷浩, 新潮社, 1957
  • 『俗神』, 土田ヒロミ, 冬青社, 2004

年代

ジャンル

関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ