2019年08月01日号
次回9月2日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

地中美術館

Chichu Art Museum

2004年に瀬戸内海の直島に開館した美術館。直島、豊島、犬島を中心とする「ベネッセアートサイト直島」の中心的な施設のひとつであり、建築家の安藤忠雄が設計を手がけている。その全体が地中に埋まっているという建築物としての見所はもちろんのこと、同美術館はクロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアの三者の作品のみを恒久設置しているという点において、きわめて特異な美術館である。作品と建築の双方から醸し出される現代の礼拝堂のような雰囲気は、瀬戸内海の離島という地理的な条件ともあいまって、さながら聖地巡礼をしているかのような体験を鑑賞者に与える。そのような意味で、同館は近代的な展示空間としてのホワイト・キューブの次のパラダイムに位置する、いわば「サイトスペシフィックな美術館」の好例であると言えるだろう。

著者: 星野太

参考文献

  • 『地中美術館』, 財団法人直島福武美術館財団地中美術館, 2005
  • 『地中ハンドブック』, 財団法人直島福武美術館財団地中美術館, 2005

参考資料

年代

ジャンル

関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ