2019年06月15日号
次回7月1日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

朝鮮美術展覧会(鮮展)

Chosen Bijutsu Tenrankai(Senten)

日本による併合下の朝鮮(現在の韓国及び北朝鮮)で開かれた官設公募展。略称は、当時の日本では「鮮展」、現在の韓国では「朝鮮美展」。1922年から44年までの全23回、朝鮮総督府が主催した。19年の三・一独立運動を契機に始まる、それまでの武断政治から文治政治への転換が、鮮展設立の背景にあったといわれる。この展覧会は、統治者による美術の管理、朝鮮の伝統美術と新派の混在、日朝美術家の共同参加による作品の同化という3点を特徴とする。出品区分は日本の文展・帝展と異なり、22年の第1回展では、第一部に東洋画・四君子(水墨で蘭、竹、菊、梅を描く)、第二部に西洋画・彫刻、第三部に書(32年に書部門が廃止される代わりに工芸部門となる)という構成であった。特に東洋画部は、日韓の伝統的な絵画の共演の場でもあったといわれる。朝鮮人、日本人のどちらでも出品できたが、審査員は書部門を除いて日本人が占め、入選者にも当初は日本人の割合が多かった。また、西洋画部では朝鮮の地方色(ローカルカラー)を打ち出すことが共通の課題となり、牛や民族衣装や田園風景といったモチーフが積極的に描かれた。

著者: 足立元

参考文献

  • 『韓国近代美術研究 植民地期「朝鮮美術展覧会」にみる異文化支配と文化表象』, , 金惠信, ブリュッケ, 2005
  • 『昭和期美術展覧会の研究』, , 東京文化財研究所編, 中央公論美術出版社, 2009
  • 「ふたたびの出会い 日韓近代美術家のまなざし──『朝鮮』で描く」展カタログ, , , 神奈川県立近代美術館ほか, 2015

関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ