2019年06月15日号
次回7月1日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

木のめ舎

Kinome-sha

1927年、森谷延雄によって結成されたデザイングループ。東京高等工芸学校の工業図案科で学んだ森谷延雄(1893-1927)は、海外留学後、同校の木材工芸科の教授となる。当時の日本では、家具、家庭用品、インテリアなどにおける近代的な生活の提案が行なわれ、同校の関係者たちが大きな影響を与えた。なかでも、独自の表現主義的なスタイルで知られる、インテリア・家具デザイナーの森谷は、家具デザインの美的効果、つまり「家具の美と生活の連携」、「詩的な室内演出」を求めて木のめ舎を設立したが、同年、グループ展の直前に急逝してしまった。新しい家具の普及に尽力し、デザインの動向に刺激を与えたことは注目に値する。

著者: 金相美

参考文献

  • 「森谷延雄展 没後80年」展カタログ, 佐倉市立美術館編, 2007
  • 『夢見る家具 森谷延雄の世界』(INAX BOOKLET), INAX出版, 2010

関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ