2019年06月15日号
次回7月1日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

絶対非演出

Zettai Hi-enshutu (Absolutely Not Dramatic)

戦後フリーの写真家として活動し始めた土門拳が1950年代頃から使用した造語で、「カメラとモチーフの直結」という言葉とともにリアリズム写真のスローガンともなった。土門は50年からアルス社の『カメラ』の読者コンテスト(月例懸賞写真)の審査を通してアマチュアの指導を行なっており、自らの写真思想を展開する場となったその誌上で「絶対非演出の絶対スナップを基本方法とするリアリズム写真」を主張した。土門はあらゆる演出的作為を排除した「絶対非演出の絶対スナップ」こそが「カメラを完全に一個の道具として、自分というものを社会にまともに直結させる」のだと主張し、アマチュア写真を先導した。土門のこうした主張は具体的な撮影方法や技術に関してというよりも、撮影者の倫理や態度を示すものであった。そして土門自身、「非演出」と言いながらも、《江東のこどもたち》(1955)の撮影では、縄跳びをする子どもたちに「もういっペん飛んでごらん」と注文をつけ、撮影が終わるとキャラメルやチョコレートをお礼に渡したことを告白している。「絶対非演出の絶対スナップ」という言葉は、リアリズム写真のイデオローグとなった土門拳の代名詞であり、彼の影響下にあった人々の写真表現の領域を限定してしまった側面もあるだろう。

著者: 小原真史

参考文献

  • 『土門拳の格闘 リアリズム写真から古寺巡礼への道』, 岡井耀毅, 成甲書房, 2005
  • 『木村伊兵衛と土門拳 写真とその生涯』, 三島靖, 平凡社, 1995
  • 『戦後写真史ノート 写真は何を表現してきたか』, 飯沢耕太郎, 中公新書, 1993

年代

ジャンル

関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ