2019年09月15日号
次回10月1日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

芦屋カメラクラブ/ACC

Ashiya Camera Club

中山岩太、ハナヤ勘兵衛、紅谷吉之助、高麗清治らによって、神戸・芦屋で結成されたアマチュア写真家集団。1930年に神戸で2回の「芦屋カメラクラブ」展を行ない、翌31年には東京展を開催。東京では、新興写真時代の到来を告げるものとして日本写真界に影響を与えた「独逸国際移動写真展覧会」が開催された翌月に、同展が開催されたのと同じ会場で展示を行ない、さらに展覧会に際して写真集『芦屋カメラクラブ年鑑』を刊行するなど、積極的な宣伝を展開した。こうした活動の影響もあり、「独逸国際移動写真展覧会」に衝撃を受けた他のアマチュア写真家団体が、作風を変えて、新興写真へとシフトしていくなかで、芦屋カメラクラブはそれに先んじて前衛的なアプローチを試みていた団体として注目されることとなる。クラブ全体の作風はプロデューサー的な役割を担った中山岩太の影響によるところが大きく、彼が同人だった雑誌『光画』にはメンバーの作品が多く掲載された。しかし、団体としての求心力はさほど強くなく、同時に別の団体に属するメンバーも多かった。35年に芦屋カメラクラブは全国公募展「アシヤ写真サロン」を開始し、各地で展覧会を開催するが、作品の傾向が多様化したため、グループとしての特徴は薄まっていった。41年の第六回展を最後に、アシヤ写真サロンは活動を停止している。

著者: 冨山由紀子

参考文献

  • 『芦屋カメラクラブ年鑑』, 芦屋カメラクラブ, 1931
  • 『芦屋カメラクラブ 1930-1942』展カタログ, 芦屋市立美術博物館, 1998
  • 『コレクション・モダン都市文化 第3期 第41巻 新興写真』, 和田博文編, ゆまに書房, 2009

年代

ジャンル

関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ