2018年04月15日号
次回5月15日更新予定

オススメ展覧会

20世紀の総合芸術家 イサム・ノグチ  彫刻から身体・庭へ

2018年04月15日号

日本人の詩人野口米次郎を父に、アメリカ人の作家レオニー・ギルモアを母に持つ20世紀を代表する彫刻家、イサム・ノグチ(1904-1988年)。ノグチは、彫刻のみならず舞台美術や家具デザイン、陶芸などジャンルを超えた幅広い活動を展開しました。彼は身体への関心から、肉体と自然との対話を求め、やがて空間の彫刻としての庭園の仕事に着手します。晩年は、香川県高松市牟礼町に住居とアトリエを構え制作を行いました。ノグチが目指した異文化の融合や、生活と環境の一体化は、芸術と社会のつながりを求める21世紀の先駆けともいえるでしょう。
本展では、ノグチの芸術の全体像を、晩年の石による抽象彫刻を含めた約80点の国内外の優品によって紹介します。[美術館サイトより]

オススメ展覧会 /relation/e_00043632.json s 10144013

香川県立ミュージアム

地域 四国
会場香川県立ミュージアム
香川県高松市玉藻町5-5
会期2018年4月7日(土)~6月3日(日)
入場料一般1,000(800)円
*( )内は前売/20人以上の団体料金
*高校生以下の方、65歳以上の方、身体障害者手帳等をお持ちの方は無料
*5/18(金)「国際博物館の日」は観覧料が無料になります。
休館日月曜日(4/30は開館)
開館時間9:00~17:00(金曜は19:30まで開館、入館は閉館の30分前まで)
問い合わせ先tel. 087-822-0247
主催香川県立ミュージアム、読売新聞社、美術館連絡協議会
公式サイトhttp://www.pref.kagawa.lg.jp/kmuseum/

今月のオススメ展覧会

北海道

東北

東京都

関東・甲信越

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄

文字の大きさ