2019年09月15日号
次回10月1日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

「ピクチャーズ」展

“Pictures”

美術批評家ダグラス・クリンプにより、1977年にオルタナティヴ・スペースの先駆であるニューヨークの「アーティスツ・スペース」で開催された展覧会。T・ブラウンタッチ、J・ゴールドスタイン、S・レヴィン、P・スミスの初期作品が出品された。ポストモダニズムの美術において顕著になった表象批判的な傾向をいち早く取り上げた企画である。傾向としては主に映像や写真を使用する作家たちによって構成されているが、クリンプによれば、ポストモダニズムの実践はもはや特定の「メディウム」に拘るものではなくなり、諸々の「活動的」な次元へと解体される。そのため動詞的・名詞的にさまざまな含意のある「picture」という語の複数形が、固有のジャンルに帰属しない「非特定的」な概念として取り上げられた。クリンプは、70年代の若手作家たちのパフォーマンスや写真作品などが用いる「演劇的」(M・フリード)な傾向に注目し、彼らの戦略的な装いは、表象の文化的・歴史的・制度的な側面に対する問題提起であると考えた。会場となった「アーティスツ・スペース」は、利益に還元されにくい活動を行なう若手作家を支援するために設立され、N・ゴールディン、C・シャーマン、L・ローラーらポストモダニズムの作家たちを積極的に紹介した場所としても知られている。

著者: 沢山遼

参考文献

  • October, no.8, “Pictures”, Douglas Crimp, MIT Press
  • October, no.15, “The Photographic Activity of Postmodernism”, Douglas Crimp, MIT Press

年代

ジャンル

関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ