2019年09月15日号
次回10月1日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

メゾチント

Mezzotint(伊)

直刻法による凹版技法の一種。フランスではマニエル・ノワール(黒の技法)と呼ぶ。ロッカーもしくはベルソと呼ばれる道具(先端が櫛のように細かく刻まれた弧状の刃物)を版全体に当てて無数のまくれを作り、それを削ることで描画する。削り取った部分が白く浮かび上がり、その加減でやわらかなグラデーションができる。まくれを作る作業(目立て)をムラなく行なうには相当の手間を要する一方、まくれは圧力でつぶれやすいために耐刷性に乏しく、印刷枚数は限られる。ドイツのL・ジーゲンが17世紀半ばに発明し、イギリスで肖像画家制作技法として広まった。絵画の複製に盛んに用いられたが、リトグラフや写真製版の登場とともに急速に衰退。20世紀に入ってからこれを復活、発展させたのが長谷川潔である。また長谷川に次いでこの技法を開拓し、カラーメゾチントを開発した浜口陽三の名も特筆される。

著者: 成相肇

参考文献

  • 『版画辞典』, , 室伏哲朗, 東京書籍, 1985
  • 『改訂版 版画の技法と表現』, , 町田市立国際版画美術館編, 町田市立国際版画美術館, 1991
  • 『銅版画家長谷川潔 作品のひみつ』, , 横浜美術館, 玲風書房, 2006
  • 『版画芸術』130号、2005年12月 特集:日本の銅版画 メゾチントのマチエール──長谷川潔・浜口陽三からの出発, , , , 2005
  • 「20世紀版画の巨匠 浜口陽三」展カタログ, , , 国立国際美術館, 2002

年代

ジャンル

関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ