2019年08月01日号
次回9月2日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

再制作

Reproduction

大規模で保管が困難だったり、期間を限定した展示であったために解体された作品、あるいは経年変化などにより原形を留めなくなった作品を、制作し直すこと。自作の彫刻を写真に撮り版画にするなど、複製ではなく同一モチーフの反復というかたちで再制作を続けたマン・レイのような作家もいるが、ほとんどは作家自身が積極的に行なうというより、アート・プロジェクトや回顧展に際し、主催者側から「あの時のあの作品を」という要請を受けて行なわれる。そのため、当時のまま忠実に再現することが求められる。再制作は、写真や映像などの記録ではわからないスケール感や迫力を伝えるには有効であるが、時代や環境の変化により、その作品が当時と同様の衝撃を鑑賞者に与えるとは限らない。また、作家自身の問題意識やモチベーションも違ってきているため、過去の作品を一切のアレンジを加えず再現するのは、自己模倣を強いられることになる場合もある。近年の事例では「赤瀬川原平の冒険 脳内リゾート開発大作戦」展(名古屋市美術館、1995)に出品された《ヴァギナのシーツ》(1964/94)や、高松市美術館が所蔵する田中敦子《電気服》(1956/86)が再制作に該当する。また「関根伸夫『位相-大地』再制作プロジェクト2011」では、神戸芸術工科大学が作家の協力のもと関根の代表作《位相-大地》(1968)を同校内に出現させた。

著者: 田中由紀子

参考文献

  • 「マン・レイ 私は謎だ。」展カタログ, アートニングプランレイ, 2004
  • 「赤瀬川原平の冒険 脳内リゾート開発大作戦」展カタログ, 「赤瀬川原平の冒険」実行委員会, 1995
  • 『まねぶ美術史』, 森村泰昌, 赤々舎, 2010

年代

ジャンル

関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ