2019年08月01日号
次回9月2日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

山口情報芸術センター(YCAM)

Yamaguchi Center for Arts and Media(YCAM)

山口県山口市に位置するメディア・テクノロジーに関わる複合文化施設。建物の設計は磯崎新による。2003年の開館当初からアーティスティック・ディレクターを務める阿部一直のもと、若手からベテランまでの国内外の作家を招いたアーティスト・イン・レジデンスによる製作展示を幅広く行なう。その中でも大規模なスタジオ空間を利用した〈アート+メディア+身体表現〉に関わる作品が特徴的であり、ニューヨーク州のEMPAC(The Curtis R. Priem Experimental Media and Performing Arts Center)やパリのラ・ゲテリリック(La Gaîté Lyrique)とともに、名実ともに世界を代表する00年以降のメディア・アートの拠点のひとつとして独自の分野を開拓しつつある。代表的な作品には《true/本当のこと》(2007)や「大友良英/ENSEMBLES」展(2008) 、エキソニモの《Object B》(2006) などがある。作家の滞在制作を技術的に支えるインターラボでは、テクニカル・ディレクターの伊藤隆之を始めとし、三原聡一郎ら自らも作品制作に携わるスタッフにより、音響・映像メディアからバイオテクノロジーなどの先進的な技術までさまざまなメディアについての実践と考察が日々重ねられ、成果の一部は市民の多様な創作活動を支援するためにも用いられている。そのほか施設にはミニシアターや図書館が併設されており、ギャラリー・ツアーやワークショップを通じ幅広い世代に向けた教育普及活動にも力を入れている。

著者: 城一裕

参考資料

関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ