2019年08月01日号
次回9月2日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

美共闘

Bikyoto

全国的な学園紛争のさなか、1969年7月に多摩美術大学の学生により結成され、反体制運動を展開した「美術家共闘会議」の略称。堀浩哉が議長を務め、刀根康尚、彦坂尚嘉、宮本隆司、石内都、山中信夫らが参加した。70年以降、次第に学園紛争が収束していくと、美共闘は政治闘争から後退を図り、71年には「美共闘Revolution委員会」を新たに結成。闘争の対象を体制変革から美術表現へと転換させ、70年代をとおして活動した。具体的には、機関誌『美術史評』の発行や、メンバーが美術館や画廊以外の場所で個展を行なうことをとおして、歴史のなかで美術表現が制度化されてしまったことを痛烈に批判。特に後者は、オフ・ミュージアムという概念の下で、反芸術世代が美術館から安易に離脱したことに対して、制度化された場所の外に「内なる美術館」を発見することで、表現や制作を問い返そうとする試みだった。また、60年代末から多くの若手作家を巻き込んで展開され、当時大きな影響力を持っていたもの派も、彼らの標的となった。もの派を理論的に支えた中心作家、李禹煥の「世界―構造」論に、彦坂は論文「李禹煥批判 〈表現〉の内的危機としてのファシズム」を発表して反論した。

著者: 田中由紀子

参考文献

  • 『現代美術逸脱史 1945~1985』, 千葉成夫, 晶文社, 1986
  • 『日本・現代・美術』, 椹木野衣, 新潮社, 1998

ジャンル

関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ