2017年07月15日号
次回8月1日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

メルツバウ

Merzbau(独)

クルト・シュヴィッタースの建築的活動および綜合芸術作品のことを指す。メルツとは、「KOMMERZ」(商業)という文字の一部であり、その文字が広告から切り取られてシュヴィッタースの絵画に貼り付けられた際に、「MERZ」となったことに由来する。シュヴィッタースは自身の絵画を「メルツ絵画」と呼ぶようになり、「メルツ」は多岐にわたる彼の芸術活動すべてを表わす概念となった。メルツバウ(メルツ建築)とは、シュヴィッタースのライフワークであり、建築の内部空間を「キュビスム的かつゴシック的」な幻視の光景へと変容させる大規模なコラージュ/コンストラクション的作品のことである。シュヴィッタースは計4回にわたってメルツバウに取り組み、最初のハノーファー・メルツバウは1923年にアトリエで開始され、10年以上をかけて徐々に構築された。しかし、もっとも完成度の高い(とはいえ、シュヴィッタースは、永遠に未完成であることをメルツバウの「原理」に据えていた)このメルツバウは43年の連合軍の爆撃によって破壊されてしまう。二つ目のメルツバウは、37年に亡命先のノルウェーのリュスカーで制作され(51年に火事で消失)、三つ目のメルツバウはノルウェーのヒエルトイ島で34年以来彼が借りていた小さな鍛冶場につくられた。四つ目は、晩年の47年に、最後の亡命場所であったイギリス、エルターウォーターの農家の納屋で制作された。シュヴィッタース自身の生を審美化するような幻想的でグロテスクな側面を持ちながら、表現主義、構成主義、ダダ、キュビスムなどの20世紀の視覚文化が複雑に交錯するアーカイヴ的な多層性を特質とする。

著者: 沢山遼

参考文献

  • 『切断の時代 20世紀におけるコラージュの美学と歴史』, 河本真理, ブリュッケ, 2007

関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ