2019年09月15日号
次回9月17日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

ユニヴァーサル・リミテッド・アート・エディションズ(ULAE)

Universal Limited Art Editions

1957年にタチアナ・グロスマンによって設立されたアメリカの版画工房。ロシア生まれのタチアナは43年にニューヨークに移住。生活のために夫のモーリスとロングアイランド、ウエスト・アイスリップのコテージで絵画複製の仕事をしていたが、ニューヨーク近代美術館のキュレーター、ウィリアム・リーバーマンの助言でアーティストとのコラボレーションによるオリジナル版画の制作を始める。ラリー・リヴァースと詩人のフランク・オハラによる石版画の連作《Stones》(1957-60)を皮切りに、サム・フランシス、ジャスパー・ジョーンズ、ロバート・マザウェル、ロバート・ラウシェンバーグ、ジム・ダインらの作品を手がけ、アメリカにおけるプリント・リヴァイヴァルの火付け役となった。66年には全米芸術基金(NEA)からの助成金でインタリオ(凹版画)のスタジオを設立。その後もオフセット印刷や凸版印刷などの技術的挑戦を続けた。82年のタチアナの死後、ULAEの経営者を引き継いだプリンターのビル・ゴールドストンは、テリー・ウィンタース、ビル・ジェンセン、スーザン・ローゼンバーグ、キャロル・ダンハム、エリザベス・マーレイ、そして90年代にはジェーン・ハモンド、キキ・スミス、ジュリアン・レスブリッジ、スーザン・マクレランドといった若いアーティストたちを新たにスタジオに招き制作を行なった。

著者: 野田吉郎

参考文献

  • 「現代アメリカ版画の40年 巨匠たちと版画工房ULAE」展カタログ, セゾン美術館ほか編, セゾン美術館, 1998
  • Tatyana Grosman: A Scrapbook, Riva Castleman, Universal Limited Art Editions, 2011

参考資料

ジャンル

関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ