毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回2月1日更新予定)

著者紹介

著者一覧

太田佳代子(おおた・かよこ)

AMOキュレーター。展覧会=「Waist Down: Skirts by Miuccia Prada」「CONTENT」ほか。編集=『Metabolism Interviews』(2010年刊行予定)...

太田智己(おおた・ともき)

日本美術史。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程在籍。2010-12年、日本学術振興会特別研究員DC2。論文に、「近代京都における美術工芸品の「来京外国人向け」輸出」(『美術史』168、美術史学会...

太田純貴(おおた・よしたか)

1980年生。京都大学大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学。専門は美学芸術学。関心領域はタイムマシン/タイムトラヴェル、haptic概念を中心とした感覚論、メディア考古学。論文=「タイムマシン...

大月ヒロ子(おおつき・ひろこ)

ミュージアム・エデュケーション・プランナー。板橋区立美術館学芸員を経て独立。展覧会の監修やコミュニケーションを誘発する学びの空間デザイン、プロダクトデザインにおいてキッズワークショップを生かす新手法の...

大友良英(おおとも・よしひで)

1959年横浜生まれ。音楽家。十代を福島市で過ごす。常に同時進行かつインディペンデントに即興演奏やノイズ的な作品からポップスに至るまで多種多様な音楽をつくり続け、その活動範囲は世界中におよぶ。映画音楽...

大向一輝(おおむかい・いっき)

1977年京都生まれ。国立情報学研究所准教授。博士(情報学)。2005年総合研究大学院大学博士課程修了。セマンティックウェブやソーシャルメディア、オープンデータの研究とともに、学術情報サービスCiNi...

大山エンリコイサム(おおやま・えんりこいさむ)

美術家。1983年、イタリア人の父と日本人の母のもと東京に生まれる。グラフィティ文化の視覚表現を翻案したモチーフ「クイック・ターン・ストラクチャー(Quick Turn Structure)」をベース...

大山顕(おおやま・けん)

1972年生まれ。 住宅都市整理公団 総裁、団地、工場、ジャンクション愛好家にして写真家。「ヤバ景(一般的には悪い景観だと揶揄されるが、なんか気になる風景)の、観察者としてさまざまなプロジェクトを展開...

岡村健太郎(おかむら・けんたろう)

1981年生まれ。近代建築史/都市史。「『様式』としてのモダニズム 模型からみた近代建築史」にて2007年度日本建築学会優秀修士論文賞受賞。東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程。

奥本尚子(おくもと・なおこ)

同志社大学文学部、服飾専門学校ファッション工科卒。アパレル企業パタンナーを経て、歴史衣装の保存・修復の仕事に携わる。

▲ページの先頭へ



レビュー/プレビュー

フォーカス

12人の移動するアーティスト

NEW12人の移動するアーティスト

著者:

2016年は新しい芸術祭がいくつもスタートし、芸術祭が乱立した年だと記憶されるで...

わたしたちのビエンナーレ<br>──コチ=ムジリス・ビエンナーレが示すアートのかたち

NEWわたしたちのビエンナーレ
──コチ=ムジリス・ビエンナーレが示すアートのかたち

著者:黒岩朋子

 アラビア海に面した南インドのケーララ州。その主要都市であるコーチンは、首都から...



学芸員レポート

生誕80周年 澤田教一:故郷と戦場

NEW生誕80周年 澤田教一:故郷と戦場

著者:工藤健志

 展覧会において入場者数や収入など目に見える結果ばかりが求められる現在、綿密な調...

「大地に立って 空を見上げて 風景のなかの現代作家」、「フードスケープ 私たちは食べものでできている」

NEW「大地に立って 空を見上げて 風景のなかの現代作家」、「フードスケープ 私たちは食べものでできている」

著者:住友文彦

 この日は別の場所に立ち寄ったため、いつも群馬県立館林美術館に行くときに通る国道...

人権週間ギャラリー展「いのちのあかし」絵画展/「被災作品公開コンディションチェック展」

NEW人権週間ギャラリー展「いのちのあかし」絵画展/「被災作品公開コンディションチェック展」

著者:坂本顕子

 懐かしい豚の絵と久しぶりに「再会」した。京都駅にほど近い、東本願寺しんらん交流...

artscapeレビュー一覧

柳根澤 召喚される絵画の全量

NEW柳根澤 召喚される絵画の全量

2016/09/24~2016/12/04 多摩美術大学美術館

著者:村田真

朝日新聞で山下裕二氏が絶賛していたので、どんなもんかと思いつつ見に行った。最初は...

平井有太『ビオクラシー』~BIOCRACY~展

NEW平井有太『ビオクラシー』~BIOCRACY~展

2016/11/22~2016/12/24 Garter

著者:福住廉

3.11以後の現代美術に何かしらの可能性があるとしたら、それは類まれな想像力を鑑...

正岡絵理子「羽撃く間にも渇く水」

NEW正岡絵理子「羽撃く間にも渇く水」

2016/12/07~2016/12/18 TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY 72 Gallery

著者:飯沢耕太郎

毎年夏に東川町国際写真フェスティバルの行事の一環として開催されている「赤レンガ公...

南極建築 1957-2016

NEW南極建築 1957-2016

2016/12/09~2017/02/21 LIXILギャラリー大阪

著者:SYNK

極寒の過酷な自然環境─ブリザードや雪の吹き溜まり─に耐えうる建築とは何か。本展は...

谷原菜摘子展──私は暗黒を抱いている

NEW谷原菜摘子展──私は暗黒を抱いている

2016/12/13~2016/12/25 ギャラリー16

著者:小吹隆文

黒や赤のベルベットに、油彩、ラメ、スパンコール、ラインストーンなどを駆使して、毒...

前谷開「Drama researchと自撮りの技術」

NEW前谷開「Drama researchと自撮りの技術」

2016/12/14~2016/12/20 Division

著者:高嶋慈

写真家・前谷開の本個展は、先立って上演された舞台作品に前谷自身が写真家として出演...

妹島和世《すみだ北斎美術館》

NEW妹島和世《すみだ北斎美術館》

著者:五十嵐太郎

竣工:2016年 妹島和世による《すみだ北斎美術館》へ。子どもが遊ぶ公園の横とい...

村松卓矢『バカ』

NEW村松卓矢『バカ』

2016/12/15~2016/12/23 大駱駝艦・壺中天

著者:木村覚

まさかのトランプ大統領選勝利はいうまでもなく、世の中「バカ」がまかり通っている。...

カタログ&ブックス|2017年1月

NEWカタログ&ブックス|2017年1月

著者:artscape編集部

展覧会カタログ、アートにまつわる近刊書籍をアートスケープ編集部が紹介します。 フ...

トピックス

サントリー美術館に聞く! 学芸員インタビュー「なぜいま、小田野直武か?」

サントリー美術館に聞く! 学芸員インタビュー「なぜいま、小田野直武か?」

著者:内田洸内田伸一

 小田野直武──この名を知らない人も、かの『解体新書』の扉絵や解剖図は、どこかで...

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年01月15日号