毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回5月15日更新予定)

著者紹介

著者一覧

大澤寅雄(おおさわ・とらお)

1970年生。(株)ニッセイ基礎研究所芸術文化プロジェクト室研究員、玉川大学・跡見学園女子大学非常勤講師、NPO法人アートNPOリンク事務局、 NPO法人STスポット横浜監事。1994年慶應義塾大学卒...

太田佳代子(おおた・かよこ)

AMOキュレーター。展覧会=「Waist Down: Skirts by Miuccia Prada」「CONTENT」ほか。編集=『Metabolism Interviews』(2010年刊行予定)...

太田智己(おおた・ともき)

日本美術史。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程在籍。2010-12年、日本学術振興会特別研究員DC2。論文に、「近代京都における美術工芸品の「来京外国人向け」輸出」(『美術史』168、美術史学会...

太田純貴(おおた・よしたか)

1980年生。京都大学大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学。専門は美学芸術学。関心領域はタイムマシン/タイムトラヴェル、haptic概念を中心とした感覚論、メディア考古学。論文=「タイムマシン...

大月ヒロ子(おおつき・ひろこ)

ミュージアム・エデュケーション・プランナー。板橋区立美術館学芸員を経て独立。展覧会の監修やコミュニケーションを誘発する学びの空間デザイン、プロダクトデザインにおいてキッズワークショップを生かす新手法の...

大友良英(おおとも・よしひで)

1959年横浜生まれ。音楽家。十代を福島市で過ごす。常に同時進行かつインディペンデントに即興演奏やノイズ的な作品からポップスに至るまで多種多様な音楽をつくり続け、その活動範囲は世界中におよぶ。映画音楽...

大向一輝(おおむかい・いっき)

1977年京都生まれ。国立情報学研究所准教授。博士(情報学)。2005年総合研究大学院大学博士課程修了。セマンティックウェブやソーシャルメディア、オープンデータの研究とともに、学術情報サービスCiNi...

大山エンリコイサム(おおやま・えんりこいさむ)

美術家。1983年、イタリア人の父と日本人の母のもと東京に生まれる。グラフィティ文化の視覚表現を翻案したモチーフ「クイック・ターン・ストラクチャー(Quick Turn Structure)」をベース...

大山顕(おおやま・けん)

1972年生まれ。 住宅都市整理公団 総裁、団地、工場、ジャンクション愛好家にして写真家。「ヤバ景(一般的には悪い景観だと揶揄されるが、なんか気になる風景)の、観察者としてさまざまなプロジェクトを展開...

岡村健太郎(おかむら・けんたろう)

1981年生まれ。近代建築史/都市史。「『様式』としてのモダニズム 模型からみた近代建築史」にて2007年度日本建築学会優秀修士論文賞受賞。東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程。

▲ページの先頭へ



レビュー/プレビュー

フォーカス

ようこそ、藤森王国へ<br>──「藤森照信展 自然を生かした建築と路上観察」

NEWようこそ、藤森王国へ
──「藤森照信展 自然を生かした建築と路上観察」

著者:岡啓輔井関悠

 藤森照信は建築史家として日本近代建築を研究するかたわら、80年代に赤瀬川原平ら...

【ストックホルム】原子炉跡で見る「天から送られた手紙」<br>──中谷宇吉郎写真展

NEW【ストックホルム】原子炉跡で見る「天から送られた手紙」
──中谷宇吉郎写真展

著者:野村志乃婦

 2月17日、スウェーデンのストックホルムで中谷宇吉郎の写真展「Letters ...



学芸員レポート

北海道の美術家レポート⑫藤木正則

NEW北海道の美術家レポート⑫藤木正則

著者:岩﨑直人

 北海道に根を下ろして活動するアーティストを紹介する「北海道の美術家レポート」の...

3.11→4.14-16 アート・建築・デザインでつながる東北⇔熊本

NEW3.11→4.14-16 アート・建築・デザインでつながる東北⇔熊本

著者:坂本顕子

 1年前の手帳を見返すと、2016年4月15日は、熊本地震の「前震」が落ち着き、...

CAAK, Center for Art & Architecture, Kanazawaの10年間

NEWCAAK, Center for Art & Architecture, Kanazawaの10年間

著者:鷲田めるろ

 私も設立メンバーの一人として関わった金沢の美術、建築系の団体CAAK, Cen...

artscapeレビュー一覧

佐伯裕武+デザインホーム《七読の家》

NEW佐伯裕武+デザインホーム《七読の家》

著者:五十嵐太郎

最後の10件目は仙台市内の佐伯裕武による《七読の家》へ。これも震災による建替えだ...

砂連尾理『猿とモルターレ』

NEW砂連尾理『猿とモルターレ』

2017/03/10~2017/03/11 茨木市市民総合センター(クリエイトセンター)センターホール

著者:高嶋慈

「身体を通じて震災の記憶に触れ、継承するプロジェクト」として、公演場所ごとに市民...

椎原治 展

NEW椎原治 展

2017/03/04~2017/03/26 MEM

著者:飯沢耕太郎

椎原治(1905-1974)の1930~40年代の仕事に、再び注目が集まりつつあ...

千葉鉄也展

NEW千葉鉄也展

2017/03/13~2017/03/25 クロスビューアーツ

著者:村田真

千葉が絵画を始めてもう20年以上になるが、その姿勢は一貫している。それはつまり「...

岡登志子『緑のテーブル』

NEW岡登志子『緑のテーブル』

2017/03/29 神戸アートビレッジセンター・KAVCシアター

著者:木村覚

若きピナ・バウシュが師事したことでも知られるクルト・ヨースの代表作『緑のテーブル...

クラーナハ展──500年後の誘惑

NEWクラーナハ展──500年後の誘惑

2017/01/28~2017/04/16 国立国際美術館

著者:SYNK

ドイツ・ルネサンスを代表する画家として知られる、ルカス・クラーナハ(父:1472...

快慶 日本人を魅了した仏のかたち

NEW快慶 日本人を魅了した仏のかたち

2017/04/08~2017/06/04 奈良国立博物館

著者:小吹隆文

運慶とともに鎌倉時代を代表する仏師、快慶の大回顧展。現在、快慶作が確実とされる仏...

館蔵品展 絵画は告発する/特別展示 板橋の日本画

NEW館蔵品展 絵画は告発する/特別展示 板橋の日本画

2017/04/08~2017/06/18 板橋区立美術館

著者:福住廉

同館が所蔵する作品のうち政治的社会的な主題を描いた絵画を見せる展覧会。芥川沙織や...

カタログ&ブックス|2017年4月

NEWカタログ&ブックス|2017年4月

著者:artscape編集部

展覧会カタログ、アートにまつわる近刊書籍をアートスケープ編集部が紹介します。 身...

トピックス

美術鑑賞は人を幸せにできるのか?:フィンランド国立アテネウム美術館×DNP ミュージアムラボ シンポジウム レポート 後編

NEW美術鑑賞は人を幸せにできるのか?:フィンランド国立アテネウム美術館×DNP ミュージアムラボ シンポジウム レポート 後編

著者:白坂ゆり

「幸せになる美術鑑賞」をテーマに、フィンランド国立アテネウム美術館とともに、未来...

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年04月15日号(5月1日合併号)